ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

クラフトビール初!!柚子とぶどう山椒が香り立つ!!和の食卓に映える絶品コラボレーションビールが登場

DATE:
  • ガジェット通信を≫

日本クラフトビールが5月2日(土)より、和の馨るエール「馨和 KAGUA」のコラボレーションビール「Uijin×KAGUA」(ウイジン カグア)を限定発売する。

「Uijin×KAGUA」は「ベルギービール騎士団」名誉騎士の菅原亮平氏が手掛ける醸造ブランド「RIO BREWING&CO.(リオ・ブリューイング・アンド・コー)」のビールブランド「初陣 Uiijn」とのコラボレーションビールだ。

今回コラボレーションした「初陣 Uiijn」と「馨和 KAGUA」はいずれもベルギーにて醸造されており、日本食に合わせて楽しむことをイメージして造られている。今回は「初陣 Uijin」の飲みやすさと「馨和 KAGUA」の香り高さを融合させ、1バッヂのみの限定で醸造した。醸造にはオリジナルの「馨和 KAGUA」に使用している高知県産柚子と和歌山県産のぶどう山椒を使用している。

醸造元となるリオ・ブリューイングは特定の醸造所を持たずにベルギーを中心として醸造を行い、特別な酵母を利用し、日本人の繊細な感覚に合わせた上質なビールを醸造している。ベルギーでの一流醸造所と共に多くの共同醸造所も手がけ、日本とベルギー、そして世界をビールでつないでいく事を目的としている。

そして“和の馨るエール”こと「馨和 KAGUA」は、「和の食卓に映えるビールを世界中の人に楽しんでもらいたい」という想いを出発点に、2012年3月に発売開始。オリジナルレシピ(調合)で、日本を象徴するハーブである柚子と山椒を使い、パートナーであるベルギーの委託醸造所で醸造している。小麦を使った「Blanc」と、ロースト麦芽を使った「Rouge」の2つのラインナップがあり、白ワインと赤ワインのように料理との相性によって楽しむことができる。ミシュランガイドで星を獲得している有名人気店をはじめとして、国内外の高級ホテル・レストランなどでも提供されている。

名店も認めた至極のビールのコラボレーション。和のハーブの醸し出す風味は、日本に生まれたことを感謝したくなりそう。是非一度お試しあれ!

詳細はこちら(http://www.nipponcraftbeer.com/)から。

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
ストレートプレスの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP