ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【深ヨミ】2PM ライブを行った地域で高セールス、サザンはロングチャートインの傾向に

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 4月27日付のBillboard JAPAN週間セールスアルバムチャート“Top Albums”では、先週2位のサザンオールスターズ『葡萄』が、発売初週のビッグタイトルを抑えて1位に返り咲いた。2位には僅差で2PM『2PM OF 2PM』が入っている。

 SoundScan JapanによるCDアルバム売上レポートの都道府県別セールスデータも集計。これによると、『2PM OF 2PM』は、愛知県で約5500枚を売り上げており、全国でトップのセールス。さらにこの売り上げのうち、名古屋での販売が約5200枚と大半を占めた形だ。この要因として、2PMが4月14日と15日に、名古屋・日本ガイシホールでライブを行ったことが考えられる。リリース日の前日と当日に行ったライブということもあり、ファンが名古屋で購入した可能性に加え、ライブを行う地域では、アーティストの露出も増えることからファン以外もCD購入に至ったと考えられる。これらのことが、名古屋で大きく売上げた要因となった可能性が高い。

 一方、4月7日と8日に、マリンメッセ福岡でライブを行った福岡での売上げは、2位の東京に続き3位に入っており、こちらでも高セールスという結果になった。また、2PMは前作『GENESIS OF 2PM』でもリリース日付近で、名古屋・日本ガイシホールでライブを行っており、この時、愛知県では東京に続く2位のセールスを上げている。

 リリース日付近でアーティストがライブを行った地域では、CDセールスが伸びる傾向にあるのが分かる。そして、1位のサザンオールスターズは現在全国ツアー中である。リリース日は、3月31日だが、いまだ全国各地で売れ続けている『葡萄』は、まだまだ息の長いセールスになる可能性が非常に高い。

関連記事リンク(外部サイト)

華原朋美が小室哲哉とのツーショット写真を公開「小室さんの演奏はカッコよくていつも鳥肌がたちます!」
世界唯一のチャート本「ビルボード年間チャート60年の記録」が発売
キマグレン解散 2015年が“最後の夏”7月に最後のアルバム&ライブ

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP