ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

HTC Vive Developer Editionの申込受付が開始、一部の開発者に無償提供

DATE:
  • ガジェット通信を≫

米 Valve が HTC ブランドの VR ヘッドセット「RE Vive」の開発者向けモデルとなる「HTC Vive Developer Edition」の申込受付を開始しました。HTC Vive はゲーム配信サービス「Steam」を提供している米 Valve 社の協力の下で開発されたVRヘッドセットで、ゲームを中心にコンテンツを 3D で視聴しながら頭の動きと連動して視界が変化する、没入感のあるゲーム体験を提供する製品になります。本日より申込受付が開始された「HTC Vive Developer Edition」は製品版ではなく、HTC Vive 用にアプリを提供する予定の開発者向け評価キットで、申込者の中からメーカー側が選定した開発者に無償で提供されます。選定されると 2 週間ごとに改良版ユニットが送られることになっています。Vive Developer Edition は 1,980 x 1080 ピクセルの LCD を内蔵しており、90fps のフレームレートで映像を再生できます。ヘッドセット内部には加速度センサーやジャイロスコープなどのセンサー類が内蔵されており、わずか 0.1 度の単位で頭の動きをトラッキングできるとされています。また、“Base Station” と呼ばれる外部装置を利用すると、HTC Vive の “レーザーポジションセンサー” と通信し、15 フィート × 15 フィートの空間でユーザーの動きを認識して仮想現実世界でも行動することが可能です。Source : Valve


(juggly.cn)記事関連リンク
NTTドコモは「Xperia Z4 Compact SO-04G」を発売?
Huawei、Huawei P8 Liteに搭載した新SoC「Kirin 620」を紹介
Samsung、「Gear W」を韓国で商標出願

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP