ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Kinectでダンサーの動きをCGアニメ化! 海外で話題の実験映像がすごい

DATE:
  • ガジェット通信を≫


画像は公式サイトより
ダンサーの動きをXbox 360 Kinect センサー(以下Kinect)でCGとして取り込み、アニメーション化させた短編フィルム『as·phyx·i·a』が、アメリカのワシントンポスト紙やイギリスのBBCテレビをはじめ、多くの海外メディアで取り上げられて話題となっている。

作品に使われたKinectは、プレイヤーの体の動きと声を認識し、コントローラーを使うことなくゲームを遊ぶことができるというゲームツール。

生命力を感じさせるダンサーの動きを、Kinectを通してCGとして取り込むことによって、デジタルなのにどこか生々しい感覚を見事に生み出している。

Kinectで、芸術的映像を作り出してゆく!

本作は、3Dアーティスト・Frederico Phillipsさん、ミュージシャン・Maria Takeuchiさん、ダンサー・Shiho Tanakaさんのコラボレーションによって制作されたもの。

しがらみや不自由からの解放への願いや、欲望を開花させようとする瞬間をコンセプトに、身近なゲームツールからつくり出したとは思えないような、芸術的な映像が生み出されている。

Frederico Phillipsさんが監督をつとめ、Samuel Blalarkさんがアシストを担当。そこにMaria Takeuchiさんがつくり上げた、叙実的なオリジナルサウンドトラックが乗せられている。

また、本作のメイキング映像も合わせて公開されている。動画の書き出しには多大な時間を要したらしく、芸術活動はアイデアやセンスだけではなく、根気も試される作業であることがうかがえる。

引用元

Kinectでダンサーの動きをCGアニメ化! 海外で話題の実験映像がすごい

関連記事

インターネット以降の東京を再構築 グループ展「世界制作のプロトタイプ」
「新しい芸術のための、新しい学校」ゲンロンとカオス*ラウンジが開校
もの派の重鎮・李禹煥個展──村上隆が語る、マンガと並ぶアジアが生んだ芸術

カテゴリー : エンタメ タグ :
KAI-YOU.netの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP