ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

サイサイ、武道館ライヴDVD & Blu-rayのプレミアム上映会で2ヵ月連続シングルリリースを発表

DATE:
  • ガジェット通信を≫

1月17日にガールズバンド史上最速での日本武道館公演を成功させたSilent Siren(サイレントサイレン、通称:サイサイ)。その武道館公演の模様が収録されたDVD&Blu-rayの4月22日発売に先駆け、一日限りのプレミアム上映会を4月19日(日)に東京・ユナイテッド・シネマ豊洲で開催した。

いつものライヴ会場とは違う映画館のステージに立ったサイサイの4人を、映画館の大スクリーンと完売御礼となった250名のファンが大きな拍手で迎えた。その中でピンクに染まった武道館公演を思い出して、“日本武道館のピンクに染まったあの空気感や臨場感、そしてあの感動をこの大きなスクリーンを通してそのまま味わえると思います”と、スクリーンの大きさに驚きながらもしっかりと収録内容をアピールしたメンバー。また、DVD&Blu-rayの冊子に掲載されている写真にお気に入りのカットが多数収録されていると話し、『Silent Siren Live Tour 2014→2015冬~武道館へ GO! サイレン GO!~@日本武道館』の完成度の高さに胸を張った。

そして突然、MCが“今日は重大発表があるんですよね”とメンバーに促す。その言葉にすぅ(Vo&Gt)が“大事なお知らせがあります。Silent Sirenは、2ヵ月…”と言葉を止めると、満員の会場から大きなどよめきが起こるが、あらためて“Silent Sirenは、2ヵ月でシングルをリリースします!!”と発表すると一転、大歓声と大きな拍手が沸きた。続けて“6月10日に『ハピマリ』、7月29日に『八月の夜』というシングルを出します。この『ハピマリ』は、みんなにも身近だし、私たちにとっても身近な人のことを思って作った初めてのウェディングソングです”と含みを持って話し、さらなる詳細の発表を楽しみにさせてくれた。

さらに、4月24日(金)に埼玉・三郷市文化会館を皮切りに開催されるアジア公演を含むツアー「Silent Siren Live Tour 2015 Spring → Summer~サイレン VS サイレント~」についても、“アルバムツアーということですが、いろんな曲をやろうと思うので、過去にリリースした曲も含めて聴いて会場に来てください”と意気込みを語り、トークショーを締めくくった。

シングル「ハピマリ」
2015年6月10日発売
【初回生産限定盤A】(CD+DVD)
MUCD-9081~2/¥1,667+税
【初回生産限定盤B】(CDのみ)※特典ブックレット仕様
MUCD-5301/¥1,111+税
【通常盤】(CDのみ)
MUCD-5302/¥926+税

シングル「八月の夜」
2015年7月29日発売
【初回生産限定盤A】(CD+DVD)
MUCD-9083~4/¥1,667+税
【初回生産限定盤B】(CDのみ)※特典ブックレット仕様
MUCD-5303/¥1,111+税
【通常盤】(CDのみ)
MUCD-5304/¥926+税

「Silent Siren Live Tour 2015 Spring → Summer~サイレン VS サイレント~」
4月24日(金) 埼玉 三郷市文化会館
4月29日(水) 福島 郡山市民文化センター 中ホール
4月30日(木) 福島 郡山市民文化センター 中ホール
5月06日(水) 広島 広島アステールプラザ大ホール
5月09日(土) 大阪 NHK大阪ホール
5月10日(日) 大阪 NHK大阪ホール
5月17日(日) 千葉 市川市文化会館
5月23日(土) 群馬 前橋市民文化会館
5月30日(土) 新潟 新潟LOTS
5月31日(日) 新潟 新潟LOTS
6月04日(木) 宮城 仙台Rensa
6月07日(日) 栃木 栃木県教育会館
6月21日(日) 愛知 日本特殊陶業市民会館 フォレストホール
6月27日(土) 北海道 札幌市民ホール
7月02日(木) 福岡 福岡国際会議場 メインホール
7月10日(金) 東京 渋谷公会堂
7月11日(土) 東京 渋谷公会堂
7月17日(金) 台湾 The Wall公館, Taipei台北
7月19日(日) 香港 Music Zone@E-max ,香港九龍灣國際展貿中心

(OKMusic)記事関連リンク
元記事を読む
Silent Siren オフィシャルHP
真空ホロウ、待望の1stアルバムに及川光博など著名人からのコメントが到着

カテゴリー : エンタメ タグ :
OKMusicの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP