ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

「お前の顔、なんかムカつくな」 ハッシュタグ「#実際に言われたクレーム晒す」が盛り上がる

DATE:
  • ガジェット通信を≫

「カネもらってるんだろ?」「お客様は神様だろ?」「それがお前の仕事だろ?」――。仕事の名の下に、想定外の重い責任を負わされることがある日本社会。中でもクレーム対応は、勘違いしたお客から理不尽な仕打ちを受けやすい仕事である。

4月18日から19日にかけての週末、ツイッターには「#実際に言われたクレーム晒す」というハッシュタグでの投稿が相次いだ。そこには「ネタだろ!?」と疑いたくなるようなエピソードが数多くあがっていた。
「温めますか」「大丈夫」→「これ温めてよ(怒)」など多数

ツイートを見ると、理不尽なクレームは大まかに3種類に分けられそうだ。ひとつめは「勘違い系」で、お客の勘違いによって店員が怒鳴られてしまうケースだ。

「たばこのマイルドちょうだい」
私「マイルドセブンの10ミリでしょうか?」
「うん。それ」
私「お待たせ致しました(たばこを手渡す)」
「8ミリって言っただろ!?」

コンビニで「こちら温めますか?」と尋ね、「いや大丈夫です」と答えたのでそのまま渡すと「これ温めてよ!(怒)」と言われたケースや、「ライスの量はどうされますか?」と尋ね、「普通」と言われたので出したところ「俺さっき大盛りって言ったよな?」と問い詰められたケースなどが典型だ。

要求がわがまま過ぎると思えるのが、「過剰要求型」のクレームだ。炎天下の中を30分も持ち歩いた末に「アイス買ったんだけど溶けたから返品する」というお客や、何年も前に買った服を「着ないうちに縮んで入らなくなった(採寸したけど規格通り)」と返品を求めるケースなどがあった。さらにはレンタルビデオ店で、

「この映画、怖くて微妙にしか見てないから返金ね」

と要求してきたお客や、スーパーで「さっき買ったオニギリ、今売り場戻ってみたら割引きされてた! 割引きしろ!」というお客もいたそうだ。
「いらっしゃいませー!」→「うっせぇんだよ!!」と怒鳴られる人も

「難癖系」は過剰要求がさらに進んで、もはや意味が分からなくなっているものだ。半分ほど食べ終えた皿を示しながら「ちょっと、これで大盛りなの?」と尋ねる客。牛丼店で「いらっしゃいませー!」とあいさつすると、

「うっせぇんだよ!! 今何時だと思ってんだよ!! 俺は疲れてんだよ!!! ここしか開いてないから来てやってんだよ!!!! 黙って作れよ!!!!!」

キレる客もいるという。あいさつを怒鳴られたことに懲りて、控えめにあいさつしていたところ、別のお客に「何その態度? 接客舐めてんの? やる気あんの? 仕事してお金貰ってる自覚あんの?」と怒鳴られたという。

母親と一緒に来店した息子が、「母の頼んだハンバーグに焦げ目がついてる。発ガン性が~作り直して」とクレームを入れ、対応して焼き直すと「ハンバーグに焦げ目がついてない。写真と違う。生焼けじゃないか」と再びクレームを入れてきたと嘆く人も。

お客から「お前の顔、なんかムカつく顔してるな」と言われたという人も何人かいた。このハッシュタグのついた投稿を見て、「なかなか懐かしい感じがするなあ。小売りでバイトしてたときには日常茶飯事だった」と振り返っている人もいた。

あわせて読みたい:教師への苦情は「親の勘違い」が多い?
 

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
キャリコネの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP