ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

あの「ボーンスプレマシー」のロケ地でも有名な場所。ベルリンの中心「アレクサンダー広場」

DATE:
  • ガジェット通信を≫


ドイツの首都ベルリンで一番の繁華街、ミッテ区。待ち合わせ場所として有名な世界時計があるのが、あの「ボーンスプレマシー」のロケ地でも有名な場所、「アレクサンダー広場」です。

ロシア皇帝のアレクサンドル1世が、ベルリンを訪れたことを祝って名づけられたこちらの広場、もともとは牛の市場だったそうです。

そして、今から100年以上も前、1882年に開業したアレクサンダープラッツ駅によって、この場所はベルリンの商業の中心となり、今でも多くの人でにぎわう場所になったそうです。

東西ドイツに分かれた後、アレクサンダー広場には東ドイツのシンボル、テレビ塔が建設されます。

当時、西ドイツが誇る工業都市シュトゥットガルトの塔より高く、東ドイツの工業力を示すためにつくられたテレビ塔は、今やドイツ全体のシンボルの1つとなっています。

近代の激動の歴史とともに少しずつ変化してきたアレクサンダー広場は、これまでも、これからも、時代をうつしだす鏡のような存在であり続けるのかもしれません。

Post: GoTrip! http://gotrip.jp/ 旅に行きたくなるメディア





カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
GOTRIP!の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP