体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ベルリンでナンバーワンにランクされているドネルケバブを食べてみた。ベルリン・クロイツベルグ地区の名店「タディム」

ベルリンでナンバーワンにランクされているドネルケバブを食べてみた。ベルリン・クロイツベルグ地区の名店「タディム」

日本人のドイツの食に対するイメージはソーセージとビールのおいしい国、というものが一般的ではないだろうか。

しかしながらこの国には絶対に食べなければ後悔してしまう、と断言してもいいほどのウマさを誇るB級グルメが存在する。それがドネルケバブだ。

誤解している人々が多いのだが、実はこのドネルケバブ、トルコが発祥ではない。ドイツのベルリンが発祥の地なのだ。

今回は、ベルリン情報が満載のサイト「トップ10ベルリン(http://www.top10berlin.de/)」において、ケバブ部門で1位にランクインされている絶品のドネルケバブを味わえるお店を紹介したい。

前回紹介したドネルケバブ発祥のお店「ムスタファズ・ゲミューゼ・ケバブ」は日本でも紹介されているお店。(ムスタファズ・ゲミューゼ・ケバブの詳細内容はこちら( http://gotrip.jp/2015/04/17688/ )

しかし今回ご紹介するお店「タディム(Tadim)」はまだ日本に紹介されていないお店なので、これからベルリンに行くという方は要チェックだ。

・ベルリンの情報サイトで1位
すでにご紹介したが、こちらのお店は、ベルリンの情報サイトで1位にランクインしている、ベルリンっ子に選び抜かれたお店。なんとあのドネルケバブ発祥のお店「ムスタファズ・ゲミューゼ・ケバブ」をおさえて1位にランクインしているのだから、とてもウマいに違いないのだ。(参考:http://www.top10berlin.de/en/cat/eating-257/kebab-shops-2303

ベルリンでナンバーワンにランクされているドネルケバブを食べてみた。ベルリン・クロイツベルグ地区の名店「タディム」

・ベルリン有数のトルコ人街でいただくドネルケバブ
こちらのお店があるクロイツベルグ地区はトルコ系のスーパーマーケットやレストランが立ち並び、川沿いの道では毎週大規模なトルコ市場が開かれるほどのエリア。少し治安が良くないという話があるので、こちらのお店に行く場合は少し気をつけて行って頂きたい。UバーンのU1もしくはU8のコットブッサー・トア駅(Kottbusser Tor)から歩いてすぐの場所にお店はある。

ベルリンでナンバーワンにランクされているドネルケバブを食べてみた。ベルリン・クロイツベルグ地区の名店「タディム」

・ラムのウマミとコクをたっぷりと感じられるケバブ
ドネルケバブ発祥のお店「ムスタファズ・ゲミューゼ・ケバブ」とはちがい、こちらのお店のケバブは新鮮なラム肉をつかったケバブ。好き嫌いはあるかもしれないが、すこしクセのあるラム肉のウマミとコク、そしてスパイスの絶妙なハーモニーは、確かに1位となるにふさわしい味である事は間違いない。

ベルリンでナンバーワンにランクされているドネルケバブを食べてみた。ベルリン・クロイツベルグ地区の名店「タディム」

・新鮮な野菜がたっぷり
こちらのお店ではラムのウマミとコクに負けないように、たっぷりの野菜がこんもりとピタパンにはさまれる。もう、はさむという感覚ではなく、こんもりと山盛りの野菜とジューシーなラムを食べるのがこのお店流なのかもしれない。

ベルリンでナンバーワンにランクされているドネルケバブを食べてみた。ベルリン・クロイツベルグ地区の名店「タディム」

・少しピリ辛なソース
こちらのお店の特徴なのだが、他のドネルケバブショップよりも少しピリっとした辛味が印象的なソースとなっている。野菜の爽快感とシャキっとした歯ごたえ、そして柔らかくジューシーでウマミたっぷりのラム、それらをピリ辛のソースが芸術的なまでにまとめあげているのだ。

ベルリンでナンバーワンにランクされているドネルケバブを食べてみた。ベルリン・クロイツベルグ地区の名店「タディム」
1 2次のページ
GOTRIP!の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy