ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

スケートボード感覚の立ちこぎ自転車Halfbike Ⅱは、折りたたんで持ち運びも!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

面白い自転車が登場した。その名も「Halfbike Ⅱ」。自転車だけど、自転車でないような、不思議な乗り物だ。

というのも、Halfbikeはペダルをこいで進むという点では自転車だが、サドルがなく立ちこぎ専用なのだ。こいで走行する様子は一見、トレーニングジムにある「トレッドミル」のようだ。

しかも、ハンドルは手を置くためのもので、進行方向の変換はスケートボードのように体重移動で行う。これは、一世を風靡したセグウェイを想像してもらえばイメージしやすいかもしれない。

・コンパクトにたためる!

名称からわかるように、今回のHalfbikeは2代目。オリジナルのデザインを改良し、腕が疲れないようにハンドルをつけるなど手を加えた。だが何といっても、大きな変更点は折りたたみが可能になったこと。

コンパクトにしまえるので、例えば通勤などで使ってオフィスにたたんで持ち込んだり、携帯して電車で移動し、駅からの交通手段として使ったりすることができる。重さは約8.2kg。決して軽いとは言えないが、持ち運べるので用途は広がる。

・商品化ほぼ確実、今なら399ドルで

この自転車、ブルガリアのスタートアップが開発した。根底には、「日常使いのものに遊び心を加えたい」という思いがあるようだ。

確かに、小さな後輪が2つついている点や、立ちこぎ専用というのはユニークで、道行く人の注意を引くこと間違いなしだろう。

資金調達サイトKickstarterで展開しているキャンペーン(5月3日まで)では、すでに目標額を達成しているので商品化はほぼ確実。現在、399ドル出資すれば入手できるようだ。

Halfbike Ⅱ/Kickstarter

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP