ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Chromeブラウザをバージョン42にしてUnity Web Playerが動かなくなったときの対処法

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫
Chromeブラウザをバージョン42にしてUnity Web Playerが動かなくなったときの対処法 「chrome://flags/#enable-npapi」

4月14日(米国時間)にリリースされたChromeブラウザのバージョン42。最新版にアップデートすると、ウェブゲームやインタラクティブコンテンツの実行環境であるUnity Web Playerがインストールされていないと認識され、Unityコンテンツが利用できないという現象が発生しています。これは、Chromeが新バージョンからNPAPI(Netscape Plugin API)を初期状態で利用できなくしているため。ここでは、再びUnity Web PlayerをChromeで利用可能にする対処法をご紹介します。

対処法は、Chromeのアドレスバーに「chrome://flags/#enable-npapi」と入力すること。「NPAPIを有効にする」という項目が表示されるので、「有効にする」をクリック。

Chrome設定画面

「無効にする」と表示が切り替わったら設定完了。

モゲラ

Chromeを完全に終了してから再度起動すると、Unity Web PlayerでUnityコンテンツの利用が可能になります。

※コンテンツ例
【デッキ構築型RPG】DeckDeDungeon | モゲラ
http://mogera.jp/gameplay?gid=gm0000002698

shnskの記事一覧をみる ▶

記者:

宮原俊介(編集長) 酒と音楽とプロレスを愛する、未来検索ブラジルのコンテンツプロデューサー。ゲームコミュニティ『モゲラ』も担当してます

ウェブサイト: http://mogera.jp/

TwitterID: shnskm

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。