ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Samusng Push Seriviceをアップデートすると現行のGalaxy S6 / S6 edgeのバッテリーの持ちが改善されるらしい

DATE:
  • ガジェット通信を≫

海外では 4 月 10 日より販売中の「Galaxy S6」と「Galaxy S6 edge」において、現行のシステムでは期待したよりもバッテリーの持ちが悪いとユーザー報告レベルで伝えられています。そのバッテリーの持続性を改善する非公式の対処策を紹介します。Samsung は 4 月 15 日に「Samsung Push Service」というアプリをアップデートしました。アップデート内容には、「Apply patches for reduce data usage and power consumption」と、データ使用量とバッテリー消費量を抑制する修正を行ったことを記しています。Android Central によると、アプリを最新版にアップデートすると、体感するほどバッテリーの持続性が改善されたそうなのです。Samusng Push Service は Galaxy スマートフォンにプリインストールされている Samsung サービスの通知機能を実現するサービスアプリです。Galaxy S6 / S66 edge 以外の機種もサポートしており、おそらく、他の機種でも一部はバッテリー消費量を改善できると思われます。Source : Google Play ストアAndroid Central


(juggly.cn)記事関連リンク
MediaTekは10コアCPUの「Helio X20」を開発中?
IKEAのQiワイヤレス充電内蔵家具「The IKEA Wireless Charging Collection」が米国でも発売へ、価格も公開
Google、App Indexing対応アプリをGoogle検索に表示する機能をリリース

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP