ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

極悪なヤスケンの色気が凄まじい! “悪い男”好きの女性必見の『龍三と七人の子分たち』

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


オレオレ詐欺で騙した相手は元・ヤクザの組長だった! 北野武監督最新作『龍三と七人の子分たち』が4月25日より公開となります。

本作は、金も居場所も失うも、普通のジジイになれるはずもなく毎日くすぶっていた元・ヤクザ達が、若い者に勝手な真似はさせられねぇと、昔の仲間を呼び寄せ、世直しに立ち上がるというコメディ。

龍三親分役に藤竜也(73)、七人の子分たちに、こちらも北野作品初出演となる近藤正臣(72)、『アウトレイジ ビヨンド』に続く出演となる中尾彬(72)、ほか小野寺昭(71)、品川徹(78)、樋浦勉(71)、伊藤幸純(72)、吉澤健(68)が登場。平均年齢72歳(撮影当時)の超がつくほどの豪華ベテラン俳優陣たちが、さまざまな逆境にも負けずに暴れまわる“ジジイ”たちを熱演します。


そんな個性的なキャストの中で負けずに存在感を放っているのが、ジジイたちの敵、若者詐欺師集団のボス・西 を演じた安田顕。人気劇団「TEAM NACS」のメンバーであり、多くのドラマ、映画に出演する彼は1973年生まれの41歳。十分に大人の男なのだが、この映画の中だと若者だ!


筆者はいち早く映画を観てきましたが、ヤスケンさんの色気がはんぱないです!! スーツ姿も、メガネの奥ですわった目も、全てがセクシー。悪い男なのに、最低のヤツなのに、なぜか惹かれてしまう……そんな飲み屋のママの気持ちが分かった気がします。いかん、いかん。

北野武作品『アウトレイジ』でも、椎名桔平演じる水野の色気も凄まじかったですが、このヤスケンさんもすごいです。NACSファンの皆さん、最近ドラマで気になりはじめた皆さん、絶対に絶対に観てください。


撮影現場では、北野組初参加ということもあり、とても緊張していた様子で、西という役をどのように演じるか自問自答して役作りを行い、藤竜也、近藤正臣らベテラン俳優たちともあえて多くコミュニケーションを取らず、その距離感を、劇中の若造軍団対ジジイ達の絶妙な間に反映させたとの事。

本作撮影中に行われたインタビューでは、初参加となった北野組の現場について「とにかく(撮影のスピードが)速いんです。その速さにも理由があって、監督の現場でのひらめきや発想が凄く大きく、その場でモノが変わっていくのに対応しなければいけないので、凄く集中できます」「この現場にいれることが本当に幸せです」と感想や思い入れを語っています。

本編の面白さはもちろん、ヤスケンさんの色気にノックアウトされる事間違い無しの『龍三と七人の子分たち』。公開は4月25日から。さあ、今すぐスケジュール帳に登録だ!

ヤスケンの色気が半端ない!『龍三と七人の子分たち』本編チョイ見せ特別映像
https://www.youtube.com/watch?v=hdxcS71C6ug

『龍三と七人の子分たち』公式サイト
http://www.ryuzo7.jp/

(c)2015『龍三と七人の子分たち』製作委員会

藤本エリの記事一覧をみる ▶

記者:

映画・アニメ・美容に興味津々な女ライター。猫と男性声優が好きです。

ウェブサイト: https://twitter.com/ZOKU_F

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP