ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

理解が追いつかない! 7年ぶりベイブレードの進化がすさまじい

DATE:
  • ガジェット通信を≫


ベイブレードバースト
次世代ベーゴマ「ベイブレード」シリーズから、7年ぶりの新作『ベイブレードバースト』の発売が発表された。

今作では、相手のコマを”破壊(バースト)”させて勝つという新たなギミックを搭載。さらに記録用の端末「ベイロガ―」によって、回転数やカスタマイズ履歴、大会への出場などを記録し、スマートフォンの専用アプリやインターネットからデータを見ることもできる。

発売は、7月下旬を予定。価格はベイロガー付き(2種)が各2,200円(税別)で、発射装置付きコマ本体(2種)が各1,200円(税別)となっている。

ともだちのコマを破壊しろ!

「ベイブレード」は、ベーゴマを現代風にアレンジした改造可能なバトル専用ゴマ。1999年に発売された第一世代から現在までの出荷数は3億5000万個を突破し、社会現象となるほどの大ブームを巻き起こした。

今作に搭載された「バーストギミック」は、レイヤー・ディスク・ドライバーの3パーツを1つに組み合わせたコマ本体に大きな衝撃が加わると分解してしまうという仕組み。これまでの「相手よりも長く回転させる」「相手のコマを場外に出す」といった勝敗の要素にバーストギミックが加わったことで、さらにカスタマイズ戦略の幅が広がりそうだ。

また、スマートフォンと連動し、データを記録する「ベイロガ―」は、記録をすべてポイント化し、遊べば遊ぶほどに楽しみが広がるように設計されている。さらに、搭載された極小のチップにより、バトルの結果がベイブレードに反映されるほか、今後ゲームセンターなどで展開される筐体と連携する機能もあるとのこと。

場外へ吹っ飛ぶなど、ただでさえ危ない思い出のある「ベイブレード」だが、バースト機能によって、どれほどまでにパーツが飛び散るのだろうか……。非常に気になるところだが、発売が今から楽しみなことは間違いない。

画像はすべてタカラトミーの公式サイトから

引用元

理解が追いつかない! 7年ぶりベイブレードの進化がすさまじい

関連記事

俺様のターン、ドロー! 『遊戯王』邪悪すぎる闇バクラがフィギュア化
初代『デジモン』ニコ生で全話一挙放送! 新キービジュアル解禁
「太陽の塔」は巨大ロボだった? 岡本太郎もびっくり!超合金で登場

カテゴリー : エンタメ タグ :
KAI-YOU.netの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP