体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ホリエモンのグルメアプリが推奨する「本当に行って良かった店」ランキングトップ10

horiemon06

ホリエモンこと堀江貴文さんは、その斬新でアクティブな発想だけでなく、グルメな人物としても知られている。チープなB級グルメから、ディープなリッチ飯まで、幅広いレンジで「美食」を知っている人物だ。

・本当に行って良かった店!!
堀江さん自身が関わるグルメアプリ『テリヤキ』(TERIYAKI)も好評を得ており、あせゆる分野の著名人がイチオシの飲食店を推奨している。

今回は、ホリエモンのグルメアプリが推奨する「本当に行って良かった店」をランキング形式でお伝えしたいと思う。

・ホリエモンアプリ推奨の「本当に行って良かった店」ランキングトップ10
1位 タイ人の女将さんが作るタイ料理の裏メニューが絶品 / プリック
隠しメニューのガパオ。鶏肉と豚肉を選べるそうで、今回は鶏肉をチョイス。盛りつけも美味しそうだが、その味は見ため以上に爽やかな美味しさ。半熟卵がスパイシーな鶏肉とご飯にマッチ。

pu1

2位 鶏肉から最高の旨味を引き出す職人がいる焼き鳥屋 / 鳥福
特に美味しいのがぼんちり。脂身だけでなく、しっかり肉もついている希少な食べ方。カットの仕方がボコボコしているので、食べてて心地よい。ここの焼鳥は日本酒を常温で頂く。〆は烏骨鶏の卵を使ったスープ。ふわっと広がる濃厚な黄身がスープと混ざって美味。ここの烏骨鶏の卵は金沢のもの。しかも衛生的な研究所で生まれた数が少ない卵で入手困難。それだけに絶品。

y10

3位 堀江さん絶賛イタリアンで極上の濃厚パスタをいただく / メゼババ
ここのパスタはモチモチとした極太麺を使用しているが、食べると心地よく弾んでブツブツと切れる。そのたびにパスタソースが麺とからみあい、美味しさを広げる。特におすすめはトマトのパスタ。酸味はあるが控えめで、どちらかというとトマト本来の甘みを生かす仕上げになっている。太い麺で、トマトの旨味を生かす媒体が多く、旨味が強く感じるのかもしれない。

mezebaba11

4位 心までとろけるカニクリームコロッケが絶品すぎる / ボラーチョ
たっぷりと添えられたタルタルソースから漂ってくる香りだけで味覚神経がノックアウト。フォークを入れるとさくっ、ふわわ、クリームのように柔らかい感触が伝わる。カニクリームコロッケの最終進化系ともいうべきフワトロ感。クリームスープのようにふわっと溶けて柔らかく、濃縮された美味しさが詰まっている。

y3

5位 住宅街の超本格的インド料理店でインドに負けない味を体験 / コチンニヴァース
キーマナルギシを絶対に注文するべし。皿の最下層にホウレン草、中間層にキーマカレー、最上層にフライパンで片面だけをさっと熱を通した半熟卵。半熟というより黄身は完全に生。それを割いて黄身を広げ、ホウレン草とキーマカレーを混ぜて食べる。これはナンよりもライスが合う。

1 2次のページ
東京メインディッシュの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy