ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

結局は「緑茶」こそが最も安全で効果の高いダイエット飲料かもしれない!!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

昔から効果の高いダイエットサプリとして有名なのが「EGCG」。緑茶から抽出したカテキンの一種でして、ノルピネフリンってホルモンを分泌させて脂肪を燃やしてくれることがわかっております。

・なかなか悩ましいところ
もともと緑茶のダイエット効果は実証研究が豊富で、当ブログでも過去に「カフェインとEGCGの組み合わせで激しく脂肪が減る!」ってデータをご紹介ずみ。ただし、一部には高濃度のカテキンは肝臓に悪いって話もありまして、なかなか悩ましいところでありました。

が、近ごろ出た論文によれば、カテキンの肝臓ダメージは緑茶でふせげる可能性が高いみたい。

・十位に実証されている
これはペンシルヴァニア州立大学の実験で、マウスたちに人間が使うダイエットサプリと同じ濃度のEGCGを飲ませたもの。その際、マウスたちは以下の2グループにわけられたんですね。

「EGCGを飲む前に2週間ほど緑茶を飲む」
「EGCGを飲む前まで普通の食事を続ける」

・75%も肝臓のダメージが少なかった
3日後の結果はかなり劇的でして、高濃度のカテキンを服用する前に緑茶を飲んだグループは、そうでないグループにくらべて75%も肝臓のダメージが少なかったんだとか。なんでも、緑茶のポリフェノールには肝臓を守る働きがあるらしい。

・研究者の声
研究者いわく、「この研究は、定期的に緑茶を飲むことで、サプリメントによる肝臓へのダメージがやわらぐことを示している。もしカテキン系のサプリを使うつもりなら、その数週間から数カ月前に緑茶を飲んでおくことで、健康リスクを減らすことができるだろう」とのこと。

・お茶をたくさん飲めばいい?
それなら普通にお茶をたくさん飲んだほうがいいんじゃない? とか思ったわけですが、研究者も同じことを言っておりました。

・研究者の声
「サプリよりも緑茶を飲むほうが、肝臓ダメージの不安を気にせずメリットだけを得られるだろう。緑茶から得られる健康効果は、サプリメントよりも日常的に食事の一貫としてお茶を飲むほうが大きい。それに、サプリメントのリスクはまだ不明な点も多い」

・肝臓へのダメージは見られなかった
さらに同論文によれば、過去に行われた11の臨床実験でも、緑茶には平均で1.5キロの減量効果が見られたとか。一方で、1日に2~4リットルのお茶を飲んでも肝臓へのダメージは見られなかったそうで、あらためて緑茶のすばらしさに感じ入った次第です。

・普段からお茶をガンガン飲むほうが吉
そんなわけで、確かにカテキンにはダイエット効果がありますが、リスク面もあわせれば普段からお茶をガンガン飲むほうが吉。日本人には非常にありがたい話ですねぇ。

執筆: Yu Suzuki http://yuchrszk.blogspot.jp
もっと詳しく読む: バズプラスニュース Buzz+ http://buzz-plus.com/article/2015/04/14/cya/

バズプラスニュース Buzz+の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP