ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

2015年2月の米国スマートフォン市場、Androidは52.8%(comScore調査)

DATE:
  • ガジェット通信を≫

米国の調査会社 comScore が 2015 年 2 月までの 3 か月間にわたる米国のスマートフォン市場の統計データを発表しました。公開された統計データによると、この期間で米国のスマートフォン利用者数は 1 億 8463 万人に増加し、2014 年 11 月までの 3 か月間から 5% 増加しました。また、スマートフォン率は 76.6% に上昇しました。依然としてスマートフォンユーザー数は増えていますね。OS 別のシェアでは、Android が 52.8% でトップをキープ。しかし、前回のシェアよりも下げています(1 月は 53.2%)。一方、ーカー別シェアでは Apple が一社で 41.7% を記録し相変わらずダントツ。今回の統計データで注目なのは、これまで下がり続けていた HTC のシェアがわずかながらも回復したところでしょうか。また、3 位の LG も Samsung がシェアを下げた一方でシェアを上げています。2 位の Samsung は前回比 0.1% 減の 28.6%、3 位の LG は前回比 0.7% 増の 8.3%、4 位の Motorola は前回比 0.1% 減の5.1%、5 位の 0.1% 増の 3.8% でした。Source : comScore


(juggly.cn)記事関連リンク
Xperia J1 Compact化したXperia Z1fにドコモのSIMカードを挿してLTEデータ通信やWi-Fiテザリングが可能なのか確認してみた
多くのシャープ製スマートフォンをサポートした「エモパー Lite」を試す
英Amazon.co.ukが「Lumix CM1(DMC-CM1)」の取り扱いを開始、日本直送は今のところ対応せず

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP