体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

映画『ハリー・ポッター』6本入りHDD製品レビュー DivX形式だからPC・PS3・スマートフォン・タブレットでどこでも鑑賞可能

映画『ハリー・ポッター』6本入りHDD製品レビュー DivX形式だからPC・PS3・スマートフォン・タブレットでどこでも鑑賞可能

現在、最新作『ハリー・ポッターと死の秘宝 PART 1』が公開中の人気映画シリーズ『ハリー・ポッター』。バッファローから最新作を除く6本の映画が収録されたハードディスク(HDD)が発売されたと聞いたときには、正直「DVDかブルーレイで見ればいいじゃん」と思ってしまった筆者。でも実はこちら、パソコン(PC)で鑑賞するだけでなく、いろいろな端末でも鑑賞できるという情報をいただきました。その秘密はビデオのファイル形式DivXにあるとのこと。早速、バッファローさんからポータブルタイプの『HD-PCT500U2/HPX6』をお借りしてレビューしてみました。

・HDD+コンテンツの新機軸

製品パッケージ

『HD-PCT500U2/HPX6』は、500GB容量のポータブルHDDに下記のコンテンツを収録しています。

・『ハリー・ポッターと賢者の石』 本編(字幕版・日本語吹き替え版)、特典映像、予告映像
・『ハリー・ポッターと秘密の部屋』 本編(字幕版・日本語吹き替え版)、特典映像、予告映像
・『ハリー・ポッターとアズカバンの囚人』 本編(字幕版・日本語吹き替え版)、特典映像、予告映像
・『ハリー・ポッターと炎のゴブレット』 本編(字幕版・日本語吹き替え版)、特典映像、予告映像
・『ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団』 本編(字幕版・日本語吹き替え版)、特典映像、予告映像
・『ハリー・ポッターと謎のプリンス』 本編(字幕版・日本語吹き替え版)、特典映像、予告映像
・『ハリー・ポッター』 シリーズ第1章~第5章ダイジェスト版
・『ハリー・ポッターと死の秘宝 PART 1』予告映像

これら映像の容量は約50GB。残りの空き容量は、好きなデータを保存する通常のHDDとして利用できます。ポータブルタイプのほかに、外付けタイプで1TB容量のの『HD-LB1.0T/HPX6』をラインアップ。HDD+コンテンツというユニークなコンセプトの製品になっています。

・PCで再生

起動画面から『DivX Player』のインストールを開始

まずはオーソドックスな利用法であるPC上での再生にチャレンジ。ビデオファイルはDivX形式で保存されているので、再生と認証に必要な『DivX Player』をインストールします。HDD内の起動用ファイルをダブルクリックすると、プレーヤーが入っていない環境ではインストールを促されるので、画面の指示に従ってインストールします。

本体裏面のクーポンコードを確認

インストールが完了すると、ブラウザで認証用のクーポンコードを入力する画面が表示されます。HDD本体の裏に記載されたクーポンコードを入力するとライセンスファイルが発行されるので、インストール先をHDDにして保存。その後、DivXのユーザー登録をすると準備が完了します。

メニュー画面。カギのマークは認証前の状態

メニュー画面には映像の一覧が表示され、各映像のボタン右側にカギのマークが表示されています。こちらは認証前の状態を示し、クリックするとDivXの認証をした後、再生可能になります。PC以外の機器で再生するには、必ずPC上で事前に認証を済ませている必要があるので注意。

1 2 3 4次のページ
shnskの記事一覧をみる

記者:

宮原俊介(編集長) 酒と音楽とプロレスを愛する、未来検索ブラジルのコンテンツプロデューサー。ゲームコミュニティ『モゲラ』も担当してます

ウェブサイト: http://mogera.jp/

TwitterID: shnskm

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。