ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Samsung、5インチHDディスプレイ・Snapdragon 410の「Galaxy J5」を開発中

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Samsung は今年のエントリーシリーズ「Galaxy J」の新モデルとなる「Galaxy J5」を開発している模様です。ベンチマークアプリ GFX Bench の公式サイトにこの機種と見られる「SM-J500F」のテスト結果が登録されていました。同サイトによると、SM-J500F は Android 5.0.2、5 インチ 1,280 × 720 ピクセルのディスプレイ、Snapdragon 410 1.2GHz クアッドコアプロセッサ、1.5GB RAM、4.7GB ROM、背面に 1,200 万画素カメラ、前面に 470 万画素カメラを搭載しています。スペック的にはミッドレンジクラスですね。既に発売済みの Galaxy J1(SM-J100)のスペックを見ると Galaxy J シリーズは価格を抑えた低コスト端末になると思いきや、SM-J500F のスペックは今のスマートフォンの平均的な内容。この機種は Xiaomi Redmi シリーズの対抗を狙っているのではないかと予想されます。Galaxy J シリーズにはこのほか、Galaxy J7 と見られる「SM-J700」も開発されています。Source : GFX Bench


(juggly.cn)記事関連リンク
Huawei、米国のSIMフリー市場向けにAndroidスマートフォン「Huawei SnapTo」を発表
Google、Android WearスマートウォッチのiOS対応化をそろそろ完了すると伝えられる
Google、Nexus 5とNexus 6にAndroid 5.1(LMY47I)を配信開始

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP