ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

センバツ初優勝の敦賀気比を待ち受ける様々な因縁を検証!~夏の出場も危うい?

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 北信越地区代表の敦賀気比の優勝で、12日間の熱戦を終えた今年のセンバツ。オフィシャルの選手表彰などはないが、もし大会MVPが選ばれるなら、準決勝での2打席連続満塁ホームランに加えて決勝戦の8回にも試合を決める2ランを放った松本哲幣が有力候補に挙げられるに違いない。14打数7安打の大暴れで、グランドスラム連発が春夏通じて初なら、個人で3本のアーチはセンバツ最多タイ(10人目)でもあった。

 とはいえ、野球はチームスポーツ。ホームランを打ちまくった松本にしても、その手応えと同等か、それ以上の喜びを感じたのが優勝だったのではないだろうか。

◎春夏連覇の可能性は……?

 やや気が早い話だが、夏の大会に目を向ければ、春夏連覇のチャンスがあるのは当然、敦賀気比だけ。これまで、この偉業を達成したのは1962年の作新学院、1966年の中京商(現中京大中京)、1979年の箕島、1987年のPL学園、1998年の横浜、2010年の興南、2012年の大阪桐蔭の7校のみ。敦賀気比にも、当然その期待がかかるわけだが、その前にまず福井大会を勝ち抜かなければならない。

◎松本の3本塁打と予選突破の意外な関係性

 地方大会突破の可能性に対しては、さまざまな観点からの考察が可能だろう。そこで1つ、「松本の3本塁打」をキーワードとして見てみれば、そう簡単ではないことがわかる。

 というのも、過去にセンバツで最多タイの3本塁打を記録した9選手の所属校のうち、夏の甲子園にも出場できたのは、1984年のPL学園(清原和博)、1989年の上宮(元木大介)、1992年の星稜(松井秀喜)、1995年の観音寺中央(大森聖也)、2013年の浦和学院(髙田涼太)の5校(カッコ内は3本塁打を記録した選手)。残る4校は、突出した勝負強さを誇った好打者を擁しながらも、地方大会で散っているのだ。「夏→春」に比べて、戦力をキープしやすい「春→夏」でもサバイバル。センバツで活躍しようが、決して安泰ではない。

◎甲子園に帰ってきたとしても、早めに姿を消す可能性も

 さらに、この勝ち上がった5校とて、本大会ではPL学園(春は準優勝)が準優勝、上宮(春は準優勝)がベスト8、残りの3校は1~2回戦で姿を消している。

 今夏の甲子園・第97回全国高等学校野球選手権大会は、8月3日に大阪のフェスティバルホールにて組み合わせ抽選会を実施し、8月6日より15日間の日程で開催されることが決定している。

 例年より早いのは、18歳以下の野球のワールドカップが甲子園で行われるためで、各代表校の甲子園練習も実施されないとのこと。甲子園練習と本番の関連性は定かではないが、北京オリンピックの影響で同様の措置がとられた2008年の夏は、地元の大阪桐蔭が優勝している。

 いずれにしても、夏に向けての球児たちの戦いはすでに始まっている。母校凱旋時の記者会見で、敦賀気比の篠原涼主将は、地元の応援への感謝を述べるとともに「これからも一生懸命練習していきます」と決意を新たにしていた。6月後半から始まる各地方大会、とりわけ福井大会(7月11日開幕予定)には注目したい。

 スマホマガジン『週刊野球太郎』では、黒田や松坂らメジャー出戻り選手を応援! 「メジャー出戻り選手を合否判定」、「タイツ先生のメジャー出戻り選手フォーム徹底解剖」、「メジャー出戻り選手たちが残した伝説」を連載中!

 『高校野球&ドラフト候補選手名鑑』では、センバツ甲子園で活躍した球児インタビューや野球部訪問を予定!

※リンクが表示されない場合は、http://yakyutaro.jp/をコピーしてアクセスしてください。
※『週刊野球太郎』と『高校野球&ドラフト候補選手名鑑』は、auスマートパス、Softbank、ドコモSPモードに対応しています。

■関連リンク
“甲子園バックネット裏の住人”ラガーさんが選ぶ投打のセンバツNo.1選手はこの2選手!
高校野球の新潮流!?「機動破壊」を徹底解剖した一冊が発売!
交代、復活で6選手!プロ12球団キャプテン・主将事情

カテゴリー : エンタメ タグ :
Scoopie Newsの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP