体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

映画『原宿デニール』武田梨奈さんインタビュー 「アナログなアクションで魅せる凄さを体現したい」

IMG_3187

3月25日から29日まで開催された『島ぜんぶでおーきな祭 -第7回沖縄国際映画祭-』。会期中には、武田梨奈さんが主演を務めた特別招待作品『原宿デニール』(5月16日公開)の上映と舞台挨拶が行われました。

本作は、武田さん演じる婦人警官を中心に、見ただけでパンストのデニール数が分かる韓国人青年、芸能界にスカウトされたい高校生、耳かき専門店に通うフランス人男性など、人種も境遇も異なるさまざまな人々が交錯する、原宿を舞台とした群像劇。ドラマ『ミエリーノ柏木』(テレビ東京)の演出・脚本などを手がけた、タカハタ秀太監督がメガホンを務めています。

ガジェット通信は、頭突きで瓦割りをするテレビCMで話題を集め、最近では『第24回日本映画プロフェッショナル大賞』にて“新進女優賞”を受賞するなど大注目の女優・武田梨奈さんにインタビューを実施。本作や、舞台となった原宿の魅力をたっぷりと語っていただきました。

アクションも見どころの群像劇

――完成した映画をご覧になっていかがでしたか?

武田:監督が本番の演技中にもどんどん声を出して指示する方で、どうやって編集するんだろう、間は大丈夫なのかなって分からないまま撮影に臨んでいたんです。でも完成した映画を観たらタカハタ監督ならではシュールな間を生み出していて、自分自身も新鮮な気持ちで楽しめました。

――実は映画を観るまで“デニール”という言葉の意味を知らなったのですが……

武田:男性は分からないですよね(笑)。ストッキングを履く女性ならみんな知っているはずです。

――そのストッキングが重要なアイテムとして登場しますが、ファッションアイテムとして普段からこだわりがあったりしますか?

武田:私は薄めのデニールを選ぶようにしています。足が細く見えると聞いたので。あとはシンプルなものが多くて、柄モノはあまり履かないです。だから、劇中でかなり派手なストッキングに挑戦したのは新鮮でした。

――途中まで今回はアクション封印かな? と思ったのですが、やっぱり見せてくれましたね。

武田:監督がぜひアクションをやって欲しいとオファーしてくれて、せっかくなのでチャレンジさせてもらいました。「どういうのできる?」って聞かれたので提案したら、「本番では何回も連続でやってくれ」って指示があって……。具体的には映画を観て欲しいですけど、「何度も起き上がらせて蹴って!」という監督の指示が反映されています(笑)。

――思わず笑っちゃいました。

武田:現場でもみんな笑っていました。大事なシーンですけど、なんかシュールですよね。

武田梨奈_レッドカーペット

瓦割りは卒業?

――原宿が舞台の映画ですが、昔からよく行っていましたか?

武田:中学生の頃からよく通っていました。映画に出てくる登場人物のように私も芸能界に興味を持っていたので、何かのオーディションに行った帰りに原宿に寄ったりしていましたね。でも当時はそんなにお小遣いもないので、よくお母さんを連れていって、クレープとか洋服をおねだりしていました(笑)。

――それこそスカウトに声をかけられたりは?

武田:デビューのきっかけはオーディションでしたけど、スカウトを期待して原宿を歩いたこともありますよ(笑)。でも怪しい名刺ばっかりでスルーしましたけど。

1 2次のページ
よしだたつきの記事一覧をみる
よしだたつき

記者:

PR会社出身のゆとり第一世代。 目標は「象を一撃で倒す文章の書き方」を習得することです。

TwitterID: stamina_taro

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。