ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ウィーン少年合唱団が来日プログラムを発表、今年はファレルの「ハッピー」に挑戦

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 今年で来日60周年となるウィーン少年合唱団が4月26日からの来日ツアーを控え、全プログラムを発表した。

 天使の歌声と称され、創立から500年以上の歴史をもつウィーン少年合唱団。古くは、シューベルトやハイドン兄弟も団員として参加しており、世界で最も有名な少年合唱団として各地で公演を行っている。初来日は、今から60年前の1955年のこと。現在では日本からオーストリアまでの飛行時間は12時間程度だが、当時は南回りで3日もかけて来日した。その後も定期的に来日を重ね、2011年には震災の影響で来日は叶わなかったものの、ウィーンにて史上初の全4グループ合同演奏によるチャリティ公演が開かれた。

 今回の公演ではAプログラムは「軌跡」と名付け初来日時を振り返り、教会音楽や、オーストリアの民謡などを取り上げる。そしてBプログラムは「未来へ」と題し、世界各地の音楽に加え、昨年 世界中で大ヒットを記録したファレル・ウィリアムス「ハッピー」にも挑戦する。日本の歌は、A・B両プログラムともに、岡野貞一「ふるさと」と、菅野よう子「花は咲く」が取り上げられる。

◎公演概要
ウィーン少年合唱団【来日60周年記念特別公演】
2015年4月26日(日)~2015年6月14日(日)
More info: http://www.japanarts.co.jp/wsk2015/

photo (C)www.lukasbeck.com

関連記事リンク(外部サイト)

プレトニョフが認めたピアニスト、松田華音がリリース記念リサイタルを開催
ミュージカル『リトルマーメイド』、上演2周年を迎える
麻衣 父・久石譲が生まれた街のイメージアルバムをリリース

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP