ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

渋谷O-WESTワンマンを大成功させたガールズバンドChelsy 5/27に新シングル『SistAr』発売決定

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 近年急速に活気を帯びているガールズバンドシーンで大注目の次世代スリーピースガールズバンドChelsy。4月5日 渋谷TSUTAYA O-WESTにてワンマンライブを行い、5月27日に3rdシングル『SistAr』をリリースすることが発表された。

Chelsy その他のライブ写真など

 【Chelsy’s Happy Easter】の名のもとに開催された同公演は、メンバー自らが会場を卵やウサギのカワイイ飾り付けでデコレーション。文字通り“イースターの日”となった。ステージのスクリーンには、Twitterにてハッシュタグを付けてつぶやくと画面に映し出されるという嬉しい演出もあり、フロアを埋め尽くしたファン達はその場で撮った写真などをアップし、この日を盛り上げる準備は万端といったところ。

 ドラムロールが流れ、ナレーターのオープニングトークがスタート。“イースター”のコールアンドレスポンスなどでフロアの熱を上げていく。そしてメンバーが一人一人、自身最大規模となったワンマンライブのステージを、一歩一歩踏みしめながら登場。「My Way」をアカペラで歌い出すと会場の空気は引き締まり、メンバーの「Chelsy’s Happy Easter!」の掛け声で、一気にボルテージが爆発。8ビートが気持ち良い軽快でグッドメロディーな楽曲を立て続けに歌唱。大失敗? の一発芸を披露してくれた「Animation」では、MIO(vo)のハンドマイクパフォーマンスも披露し、初っ端から全力のステージに、会場全体がとにかくハッピーな空間に。

 そして、MCで、5月27日に3rdシングル『SistAr』のリリースを発表すると、会場は大歓喜。SHIZUKA(b)が作曲した同曲は、メンバーを姉妹のように想い、これからも運命を共にしていくという想いが込められており、「この曲は、ループしているメロディーがあって、ファンのみなさんのパートと思って作りました。ライブではみんなで一緒に歌える曲になったら良いなって。」と語り、「SistAr」を披露。既にライブでも披露したことがあった同曲は、SHIZUKAの想いの通りフロア全体が歌うすばらしい光景を生んだ。後半戦は、各メンバーの演奏技術やバンドマンらしい姿が特徴のロックなナンバーを連発。AMI(dr)の複雑なフレーズで加速度を表現する「escape」で本編は終了。笑顔が絶えない一日をまだまだ感じたいと、会場には大きな“Chelsy”コールが。

 さらに、アンコールでは、淡い青春が見え隠れするバラード「Blue Moon」を披露。MIOの切ない歌声がぴったりのバラードを聴かせてくれた。素敵な空間をいつまでも感じていたいとAMIの一言で会場全体で写真撮影を行い、ラストには結成当初から演奏されている大盛上がり曲「Rocket」でハッピーな一日の幕を降ろした。

 また、5月28日 渋谷eggmanにて3rdシングル『SistAr』のリリースパーティー開催が決定。12月にはカリフォルニアでのライブ(http://bit.ly/1ChZm0B)も決まり、日本だけに留まらず海外での活躍も期待され、今後のガールズバンドシーンを担っていくであろうChelsy。3人の女の子が奏でる、極上のメロディーと確かな演奏力に、期待は高まるばかりだ。

取材&テキスト&撮影:内山直也

◎シングル『SistAr』
2015/5/27 RELEASE
[初回盤A(CD+DVD)]
AICL-2872/3 1,500円(税込)
収録曲:
1.SistAr
2.Organ
3.SistAr-TV mix-
4.Organ-TV mix- 
<DVD収録内容>
1.YES-music video-
2.I will-music video-
3.ちら見せTV#3
[初回盤B]
AICL-2874 1,000円(税込)
収録曲:
1.SistAr
2.I will(acoustic version) 
3.SistAr-TV mix-
4.I will(acoustic version)-TV mix-
[通常盤]
AICL-2875 1,000円(税込)
収録曲:
1.SistAr
2.Happy End
3.SistAr-TV mix-
4.Happy End-TV mix-

関連記事リンク(外部サイト)

Chelsyや数々のミュージシャンを輩出したオーディション“みつばち軽音楽部”7組の新人が卒業ライブで見せた夢への第一歩
キュートな女子大生がライブ中にマジック? 2015年大注目のガールズバンドChelsy ワンマンまで残り僅か
いいとも!や夜もヒッパレ出演経験持つRuca CDデビューまでの半生語る「OKAMOTO’Sのショウも同じグループだったんです」

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP