ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【Interview】ビジネスマン必見!50万社の企業情報を自動収集するアプリ「NOKIZAL」に迫る

DATE:
  • ガジェット通信を≫

情報収集はビジネスの命。それは、営業から転職、就活に至るまで目的を問わず、あらゆる活動に共通することである。

一昔前なら、会社四季報や新聞の記事を隈なく見るしかなかったが、今は違う。ITの進化によって、企業の情報はよりスピーディーに、入手できるようになった。しかし、情報の流通が当たり前になると、今度は効率と利便性を求めるようになる。先手必勝のビジネスの世界であれば、その思いはなおさらだろう。

そんなビジネスマンたちのために生まれたのが、「NOKIZAL」である。日本全国50万社以上の企業情報を自動で収集しつつ、メールや周辺施設情報といった定番の機能ともしっかり連携。ビジネスパーソンから学生まで、幅広いユーザーを想定した、便利なことこの上ない設計が魅力だ。

戦国時代に最強と謳われた忍者集団、「軒猿」から名づけたという本アプリ。開発元であるPlainworks代表取締役の平野 健児(ひらの けんじ)氏が、詳細について語ってくれた。

・登録不要、無料で豊富な企業情報を即閲覧

Q1:まずは、「NOKIZAL」提供のきっかけと経緯から、お聞かせください。

元々ブレインパッドという会社で、「ReceReco」というカメラでレシートを撮影すると、家計簿になるサービスを企画、運営していたのですが、それがビジネススキームとしても成立したので、「じゃあ、次は何やるかな」と考えたとき、逆に企業データをユーザーに提供するサービスがあってもいいかな、と思ったのがきっかけです。

最初は、Fintech系のものを考えたんですが、どうもしっくりきませんでした。そこで、自分のスマホのホーム画面を眺めて、企業に関することで日々使っているサービスや、検索したことのある情報を列挙してみたところ、企業名の集約や他サービスとの連携もできそうなこと、何より「これなら自分が便利だな」と思ったので、そこにフォーカスしていった感じです。

Q2:「NOKIZAL」とは、どんなサービスなのでしょうか。

国内50万社以上の企業名を入力することで、それをキーワードにして、オン(オフ)ラインの情報や他サービスにある情報を自動的に収集・連携し、利用者独自の付加情報も一元管理できる、ビジネスパーソン及び就活生向け企業情報キュレーションアプリです。

最大の特徴は、50万社以上の情報を登録不要、無料で閲覧できること。営業活動や就職活動に役立つ企業情報から、全上場企業を含む2万社以上の業績、決算情報の閲覧が可能なことです。

また、定番のビジネス機能と豊富に連携しているため、よく利用するメールやカレンダーはもちろん、各企業サイト及び情報サイトへの連携や、会社訪問の際に便利なコンビニ、カフェ等の周辺施設マップ、やる気の出る名言など、ちょっとした関連情報も充実しています。

Q3:企業情報を提供するサービスは、他にもいくつか存在しますが、それらとの違いはどこにあるのでしょうか。

最近の個人向けのサービスで言うと、「カメリオ」とか「ポケットIR」に近いのかもしれませんが、差別化ポイントとして挙げるなら、スマホ(アプリ)メインで、無料かつ会員登録不要、最新のニュースも見られてメモも取れる、50万社の企業情報と全上場企業(約3,500くらい)を含む2万社以上の業績情報が閲覧できる、というところでしょうか。

自分が欲しいものを作ったので、あそこはあれをやっているから、うちはこれっていうのは、見てはいますが、優先順位としては、あまり高くはないです。

そもそも、これほどの情報を整理して、無料で誰でも使えるようにしたサービスは、おそらくなかったと思います。それと、現場で自分が使うという発想だったので、弊社のように転職口コミサイトや、食べログなどを入れているサービスもないかと思われます。

・「ググる」から「ノキザる」をめざす

Q4:リリース後の展開について、教えてください。

直近は、iOS版のリリースへの注力ですね。元々サービス自体、先にできているのですが、Appleの審査に、予定よりやや手間取っています。でも逆に言えばそこだけなので、早めに出してしまいたいと思っています。

その後は、エコシステムで完成度を高めるサービス設計なので、自社データのみにこだわらず、外部サービスとの連携に、積極的に取り組みたいです。構想としてあるのは、ニュースサイトや名刺管理サービス、SFA系サービスとの連携ですね。

Q5:これから「NOKIZAL」を利用するユーザーへ、メッセージをお願いします。

我々が目指すのは、企業に関して「ググる」を、「ノキザる」に変える存在になることです。今後はそれに向けて、新機能や外部との連携に積極的に取り組んでいく予定です。

企業は「法人」であり、人と同じく情報は、刻一刻と変化します。「NOKIZAL」なら、無料かつ登録もなしで使えますし、web版もありますので、気軽に検索してください。情報の修正が必要な際は、ご協力いただけると、大変うれしいです。

NOKIZAL

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP