ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

低価格でバッテリー長もち!「Alcatel OneTouch」のスマートウォッチがプレオーダー受付開始

DATE:
  • ガジェット通信を≫

今年1月に米国ラスベガスで開かれた家電・IT見本市(CES)で発表され、注目を集めた「Alcatel OneTouch」のスマートウォッチ。“求めやすい価格帯”を予告していたが、このほど149.99ドルでプレオーダーの受付が始まった。

・バッテリーのもちは2~5日

Alcatel OneTouchの売りは、比較的入手しやすい価格に加え、Android、iOS両方の端末とペアリングが可能なこと。また、ほぼ毎日充電する必要があるApple製やモトローラ製のスマートウォッチに比べて、電池のもちが2~5日と長いのもメリットのひとつだろう。

では、このAlcatelのスマートウォッチで何ができるのか。主な機能は以下の通り。

・スマホのノーティフィケーション通知
・歩数や距離、消費カロリー、心拍数などの測定
・スマホカメラのシャッターリモコン
・天気情報の表示
・音楽の再生/停止コントロール
・目覚まし時計

基本的な機能はほぼ網羅しているので、スマートウォッチデビューするにはぴったりのモデルかもしれない。

・珍しい円形デザイン

また、四角形のスマートウォッチが多い中で、Alcatelは珍しく円形。同様に円形デザインのものとしてはモトローラのMoto360(Android、249ドル)があるが、価格でいえばAlcatelに分があるといえそうだ。

メーカー各社がこぞって開発し、トレンドになりつつあるスマートウォッチ。購入を検討中の人は選択肢の1つに加えてもよさそうだ。

Alcatel OneTouch

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP