ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

大阪発!3Dプリンターとドライバーで組み立てられる話題のロボット「PLEN2」とは?

DATE:
  • ガジェット通信を≫

滑らかな白いボディと優しい言葉。某CMで生き生きと動くロボットの姿を見て、「家にいたら、楽しいだろうなあ」なんて、思った人も多いのではないだろうか。

テクノロジーの急激な進化によって、家庭用ロボットの普及も夢ではなくなったが、日本の狭小住宅に人型のロボットを置くのは、少々厳しいものがある。

そこでご紹介したいのが、この「PLEN2」。子どもから大人まで誰でも簡単に組み立てられる、お人形サイズの小さなヒューマノイドロボットである。

・3Dプリンターとドライバーでカンタン組み立て

「PLEN2」は、過去に多くの学校やロボット教室で活用実績のある、初代「PLEN」の後継モデル。

ロボットをより身近な存在にするためソースコードを公開し、3Dプリンターで主要部品を出力できるようにした。キットをプリントアウトすれば、あとはカンタン。ドライバー1本で、誰でも気軽に組み立てることができる。専門知識や特別な工具を必要としない点も、このプロダクトの大きな特徴だ。

各パーツを組み立てると、身長約20cm、重さ約600gのロボットが完成。スモールサイズながら、18個の関節をもち、Arduino互換の制御ボードによる高度な運動性能を備えている。主要パーツの3Dデータは無償で公開されているため、腕に覚えがあれば、データをカスタマイズして、オリジナルパーツを作ることだってできる。

・Kickstarterとkibidangoで資金調達中

人とロボットが共存する世界を作るため、誰もが参加できる仕組みを考えたと、開発チームは語る。何とも太っ腹な配慮がうれしい「PLEN2」には、現在支援者が続出。Kickstarterとkibidangoで、順調に資金を調達しているところだ。

Kibidangoでは、完成版早割モデル(1体9万6000円)が早くも完売。共同購入及び教育機関向けの組み立てキットセット(5台セット45万円、10台セット89万円など)が追加されている。2015年11月頃に、早割モデルが配送予定。年末には、小さなロボットと遊ぶ子どもの姿が、見られるかもしれない。

PLEN2/Kickstarter
PLEN2/kibidango

 

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP