ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ディスプレイの解像度を向上したMoto 360後継の画像が流出

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Motorola が開発している噂されている「Moto 360」の後継について、その実物とみられる腕時計を撮影した写真が中国のマイクロブログサイト Weibo で公開されました。Moto 360 後継のうわさ話はこれまでに度々出ており、先月は Lenovo の CEO が後継と思われるスマートウォッチの写真を公開したほか、最近では「Smelt」というコードネームを持つ Android Wear 端末が後継ではないかとの予想が伝えられています。Moto 360 の後継に関するスペックは、Android 5.1 ARMv7 ベースの SoC 360 × 360 ピクセルのディスプレイを搭載しているらしいと伝えられています。特にディスプレイについては、Moto 360 が 1.56 インチ 320 x 290 ピクセルと、ボディは円型ではあるものの、正確な円ではなくディスプレイ下部の表示領域を排除したものでした。今回の Moto 360 後継では縦横ともに 360 ピクセルらしいので、本体だけではなく、表示領域もほぼ円型になると予想されます。Source : Weibo


(juggly.cn)記事関連リンク
LGが次期フラッグシップの名称を「G4」に決定、F/1.8レンズや4月28日に発表する予定も明かす
NTTドコモ、「Optimus it L-05E」のソフトウェアアップデートを開始
Android 5.0を搭載した「F-04G」とAndroid 5.0版「Galaxy Note Edge SC-01G」がWi-Fi Allianceの認証を取得

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP