ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Android 5.1に対応した非公式版Xposedフレームワークが公開

DATE:
  • ガジェット通信を≫

root 端末用のカスタマイズツール「Xpoed フレームワーク」は Android 5.0 のリリースから 4 ヶ月経過してようやく対応したものの、3 月には Android 5.1 がリリースされたのですが、Xposed は対応していません。そんな中、公式版ではありませんが、Android 5.1 に対応した Xposed フレームワークが XDA Developers で公開されました。Android 5.1 版を提供しているのは @romracer 氏で、本家の作成者である @rovo89 が作成したものではありませんが、彼は @rovo89 氏から許可を得て配布していると述べています。また、現行バージョンを「Super Alpha」と開発初期段階の不安定版としており、動作しない機能も多数あると警告しています。非公式版 Xposed フレームワークは Android 5.1 しかサポートしていないので、Android 5.0 にはインストールしないほうが良いです。インストール方法は、下記のリンク先から「xposed-arm-*-5.1.zip」(X はビルド日)のZIPファイルをダウンロードしてカスタムリカバリからインストールし、Xposed 本家のスレッドからフロントエンドアプリ「XposedInstaller_3.0-alpha*.apk」(* はビルド番号)をインストールします。Source : XDA Developers


(juggly.cn)記事関連リンク
ビーズ、スマートフォン対応の「モーションスタビライザー」を発売
トレンドマイクロ、SIMフリー端末向けの「ウイルスバスターモバイル」を4月9日に発売
ASUS製「Nexus Player 用ゲームパッド」は国内では4月7日に発売

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP