ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

フランス産発酵バター33%使用!!東ハトの“パイクロ”からコクのある「焦がしバター」が登場!!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

東ハトは、5月4日より全国コンビニルート先行で「焦がしバターのパイクロ」を新発売する。「パイクロ」は、パイのような食感が楽しめる、見た目も楽しいクロワッサン形状のスイートスナックだ。

今回登場する「焦がしバターのパイクロ」は、通常のパイクロよりも小粒サイズの生地を使用。フランス産発酵バターを溶かしこんだ蜜をコートしてオーブンで焼き、さらにバターを練りこんだ。ホワイトチョコでコーティングし、こんがり香ばしく焼きあげている。フランス産発酵バターを使用(バター原料中33%)したことで、コクのある焦がしバターの味わいを楽しめる。

コンパクトな食べきりサイズなので持ち運びもしやすく、職場や学校などで手軽につまんで楽しめる。パイのような食感と、焦がしバターの濃厚で香ばしい風味をお楽しみいただけるスイートスナック「焦がしバターのパイクロ」は、コーヒー・紅茶との相性もよく、仕事や家事の合間にほっとくつろぐひとときやティータイムにもぴったりだ。

シンプルでリッチ感のあるデザインのパッケージが目印だ。店頭で見かけたら、ぜひ手に取ってみて。詳細はこちら(http://tohato.jp/)から。

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
ストレートプレスの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP