ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

HTC One M9+ / HTC One E9+ / HTC Desire 826が台湾で4月22日に発表されるとの噂

DATE:
  • ガジェット通信を≫

4 月 8 日に中国・北京で初披露される見込みの「HTC One M9+」と「HTC One E9+」ですが、台湾では 4 月 22 日に発表されると現地メディアの ePrice が伝えています。また、CES 2015 で発表されて中国では既に販売中の「HTC Desire 826」も同じタイミングで発表されるそうです。同サイトによると、HTC One M9+ / HTC One E9+ / HTC Desire 826 の発売時期は 4 月下旬 ~ 5 月で、発売日はそれぞれで異なる可能性があるそうです。HTC One E9+ は先日中国 HTC の公式サイトに製品ページが公開されています。HTC One E8 と同じくプラスチック素材のボディを採用しているものの、フレームには金属素材を使用するなど若干変わっています。また、HTC スマートフォンで初の WQHD(2,560 × 1,440 ピクセル)の高解像度液晶を採用し、MediaTek MT6795M 2.0GHz オクタコアプロセッサ、2GB RAM、16GB ROM、Micro SD カードスロット(最大 128GB)、背面に 2,000 万画素カメラ、前面に 400 万画素の UltraPlixel カメラ、2,800mAh バッテリーなどを搭載していることも判明しています。しかし、これは中国の周波数に広く対応したデュアル SIM 端末です。HTC Desire 826 は既に中国で発売された機種です。 5.5 インチ 1,920 × 1,080 ピクセルの SLCD や Snapdragon 615 1.7GHz オクタコアプロセッサ、2GB RAM、16GB ROM、背面に 1,300 万画素カメラ、2,600mAh バッテリーを搭載しています。HTC One M9 よりも先に Dolby Audio サラウンドに対応していますが、BoomSound は非対応です。UltraPixel イメージセンサーのフロントカメラを搭載しているのも大きな特徴となっています。HTC One M9+ はまだ正式に発表されてはいませんが、これまでに様々な情報や画像が流出しています。噂によると、5.5 インチの WQHD(2,560 × 1,440 ピクセル)ディスプレイ、MediaTek MT6795T 64bit プロセッサ、約 2.6GB RAM、約 22GB ROM、背面に 2,010 万画素カメラなどを搭載しているそうです。ただし、プロセッサは中国モデルとグローバルモデルでは異なる可能性があり、グローバルモデルは Qualcomm Snapdragon 810 プロセッサが搭載されるとも伝えられています。ほかの特徴としては、指紋リーダー内蔵のホームボタンを採用している模様です。HTC One M9+ は MWC 2015 で発表された HTC One M9 の上位モデルとなると予想され、スペック的には今年の “夢のスーパーフォン” となりうる内容です。Source : ePrice


(juggly.cn)記事関連リンク
CM Options : CyanogenMod 12をさらに高機能にするXposedモジュール
AllCastのMaterial Design UIがさらに進化
HTCが “Cello” と呼ばれるSense入りの車載システムを開発しているという噂

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP