ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

エイプリルフールで役員が新入社員にブチ切れるドッキリ! ネットでは「トラウマもの」と物議

DATE:
  • ガジェット通信を≫

4月1日のエイプリルフールに、ある会社が新入社員に仕掛けたドッキリが「やりすぎじゃないのか」とネット上で物議をかもしている。

2日に放送された情報番組「ZIP!」(日本テレビ系)のエイプリルフール特集で、都内のとあるブライダル系ベンチャー企業が取り上げられた。この会社では新入社員にドッキリを仕掛けるのが恒例で、番組はカメラを入れてその模様を紹介した。
役員が新入社員に激怒「今の体操は本気か!?」

舞台は入社式。途中で同社の「伝統の体操」を新入社員に教える、というコーナーに入る。しかし、この体操が変わっている。ビートの効いた音楽に合わせてDJ風に手を動かすといったもので、かなりシュールだ。

まずは先輩社員がお手本を見せる。これを新入社員が真似するのだが、どうしても笑ってしまう。すると会場にいた男性役員の顔がみるみる険しくなり、不機嫌な様子に。やがて「音を止めろと言っているのが分からないのか!」と激怒し始めた。

「今の体操は本気か? 今の現場は、このレベルの体操をしているの?」

新入社員たちからも笑顔が消え、現場は重苦しい雰囲気に――。しばらくして、司会が新入社員に「スクリーンに注目してもらっていいかな」と呼びかけると、そこには「ドッキリ!大成功!」の文字が。緊張が緩んだ会場からは、歓声と拍手が沸き起こった。

式の終了後、参加した新入社員は「個性的な入社式だった」とコメント。男性社員は、この日がエイプリルフールだということは頭になかったので、かなり驚いたようだ。
「緊張してる新入社員に悪質なイタズラすんな」

同社は「入社式で緊張する新入社員を和ませたい」と、このドッキリを企画したというが、番組を見ていたネット民からの反応はいまいちだ。

「これはひどい」「緊張してる新人相手に悪質なイタズラすんなや」
「こんなのを面白いと思ってる奴らの下で働きたくないわな。新入社員かわいそう」
「トラウマキターーーーーー」

など新入社員に同情する声が多い。変な体操まではいいとしても、新入社員を怒鳴り散らしてビビらせるのは笑えない、というのだ。

番組では、ドッキリを受けた別の男性社員が「今でも脚が震えています」とも話していた。やはり、せっかくやるなら楽しいウソにするべき、といったところだろうか。

あわせて読みたい:突如先輩社員が踊り出す!国際自動車の入社式
 

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
キャリコネの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP