ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ロングデニム&チェックシャツに注目! 『earth music&ecology』の『カピバラさん』10周年記念コラボ第二弾アイテムが大人ガーリー [オタ女]

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫

温泉が好きで、昼寝やのんびり草原で過ごしている人気キャラクターといえば……。そう、『カピバラさん』。2005年に登場して以来、4コママンガや雑貨・グッズのほんわかした姿が女子心を掴み、2015年で10周年を迎えました。
そんなカピバラさんが、ナチュラルガーリーなアイテムに定評のあるブランド『earth music&ecology』(以下『アース』)とのコラボアイテムを発表。全国の『アース』のショップや『Green Parks』の限定店舗、さらには通販サイト『クロスコレクション』で発売がスタートしています。
2014年には既にコラボが実現していたカピバラさんと『アース』。バンプレストの『一番くじ』もリリースされており、そのファンシーな世界観とマッチした雑貨などが好評でした。第二弾となる今回は、アパレルがさらにパワーアップ。適度にリラックスできそうなだけでなく、どことなく大人っぽい雰囲気のラインナップになっています。

※すべての画像が表示されない場合は下記URLからご覧ください。
http://otajo.jp/46472 [リンク]

2015年3月に限定店舗で発売した際に即日完売だったというぬいぐるみ。大きめサイズのカピバラさんぬいぐるみ(3990円)は、おしりに入った10周年のマークの「0」が『アース』仕様になっているのがポイント。ほかにも『アース』ロゴのお花も飾られていておしゃま度がアップしています。
また通常サイズのぬいぐるみ(2190円)は同じデザインで、アイボリーと『アース』カラーでもあるサックスの2色が用意されています。それよりさらに小さいマスコット(1390円)は『アース』のショッパーを背負っているのが愛らしすぎる! こちらもアイボリーとサックスの2色展開です。

今回のアイテムの中でも存在感が際立っているのがロングデニムシャツ(5990円)。ポケットにはカピバラさんと仔カピバラさんがとてとて歩いている刺しゅう入り。ボタンにもカピバラさんが隠されています。アウターのかわりに羽織っても、きっちりボタンをしめてワンピースっぽく着てもカッコいいのではないでしょうか。

女の子らしいシンプルなトップスとあわせてみたいのが、カピバラさんとホワイトさんがフルーツの中に隠れているという総柄のキュロットスカート(4990円)。アイボリー・ミント・ネイビーの3色がラインナップされています。

『アース』お得意のドッキングワンピース(5990円)もカピパラさんバージョンに。こちらもアイボリー・ミント・ネイビーが用意されているとのこと。

キュッピーさんと『アース』のお花で10周年ならではのデザインになっているTシャツ(2990円)。オートミール・イエロー・オレンジ・ミント・サックス・グレーの6色の中からお好みで。

おしゃれ上級者を自認する女子も注目して欲しいのが、淡い赤と青のチェックシャツ(4990円)。ポケットのチェックがナナメになっているところもさることながら、ひょっこりカピパラさんが顔を覗かせている刺しゅうが施されているのです。このさり気ない感じが、カピパラさんらしくもあります。ちょっとプレッピーなテイストを織り交ぜたいという時に着こなしてみたいところです。

また、クリアファイル・B4 ノート・メモ・ペン・ペンケースが入ったステーショナリーセット(2690円)も。特製ボックスに入っているので、プレゼントにしてもよさそうです。

カピバラさんとのほほんとしたキャラと、『アース』のゆったりガーリーな雰囲気のどちらも生かされている今回のアイテム。気候が暖かくなって、お散歩やピクニックで着るというのも楽しいのでは? ぬいぐるみも一緒に遠出してみるというのもアリかもしれませんね。

アースミュージック&エコロジー × カピバラさん (特設ページ)
http://tryworks.jp/campaign/earth2015/

※価格はいずれも税抜き表記

(c)TRYWORKS

ふじいりょうの記事一覧をみる ▶

記者:

乙女男子。2004年よりブログ『Parsleyの「添え物は添え物らしく」』を運営し、社会・カルチャー・ネット情報など幅広いテーマを縦横無尽に執筆する傍ら、ライターとしても様々なメディアで活動中。好物はホットケーキと女性ファッション誌。

ウェブサイト: http://yaplog.jp/parsleymood/

TwitterID: parsleymood

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP