体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

炭水化物抜きダイエットの真逆を行く「おにぎりダイエット」で無理なくダイエットに挑戦!

「マイクロダイエット」を展開するサニーヘルス株式会社が、ダイエット情報発信サイトmicrodiet.netにて調査レポート『お米好きに朗報!炭水化物抜きダイエットの真逆を行く「おにぎりダイエット」」を公開した。

「おにぎりダイエット」とは、パンや麺類、パスタなどの小麦粉製品や、お餅のように原型を残していない炭水化物を避けて、粒のままの冷めたお米(おにぎり)を食事の中心にするダイエット。粒の形が残っていることで、消化吸収のスピードがゆっくりになり、太りにくくなる原理だ。

冷めたおにぎりをダイエットに利用する理由は、冷めることで発生する「レジスタントスターチ」という成分にある。レジスタントスターチとは難消化性デンプンのことで、食物繊維と同様の働きをし、胃や小腸で消化されないため、デンプンであるにもかかわらずエネルギーになりにくい特性を持っている。

おにぎりダイエットのルールは、2~3合分のおにぎりを、1日3~4回に分けて食べること。目安としては、朝食に1~2個、昼食に2~3個、夕食に1個となっている。
おにぎりの具は基本的には何でも可だが、なるべく脂肪の少ないおかか、梅、昆布などがおすすめ。おにぎりの他には、サラダや蒸し野菜、おひたし、具沢山の汁物など、野菜もたっぷり食べれるというのは、とても嬉しい。

「おにぎりダイエット」の詳しい説明はmicrodiet.netの『お米好きに朗報!炭水化物抜きダイエットの真逆を行く「おにぎりダイエット」にてご確認を。

microdiet.net   http://microdiet.net/000487.html

ストレートプレスの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。