体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ベル・アンド・セバスチャン『ガールズ・イン・ピースタイム・ウォント・トゥ・ダンス』インタビュー

生活・趣味
bs

2010年発表の『ライト・アバウト・ラヴ~愛の手紙~』に続く、ニュー・アルバム『ガールズ・イン・ピースタイム・ウォント・トゥ・ダンス』を日本先行で1月にリリースした“ベルセバ”ことベル・アンド・セバスチャン。60年代の英仏米のポップス、70年代のソウルやディスコ、80年代のポスト・パンクをグラスゴー出身のバンドらしい親しみやすいキャッチーなメロディで奏でる彼らの新作はいつになくダンサンブルな仕上がりに。またしても最高なアルバムとなったわけだが、その躍動感あふれるサウンドはどのようにして生まれたのだろうか。2月に行われた「Hostess Club Weekender」の出演直前にメンバーのサラ・マーティンとボビー・ギルディアが語ってくれた。

──約4年半ぶりのアルバムとなりますが、その間にもスティーヴィー・ジャクソンが12年にソロ・アルバム『(I Can’t Get No) Stevie Jackson』をリリースしたり、スチュワート・マードックが映画『ゴッド・ヘルプ・ザ・ガール』を監督していたりと、あなたたちふたりはどうしていたんでしょう?

サラ「その間にはバンドのツアーも1年半ほどやっていたの。スチュワートの映画も手伝ったり、なんやかんやと忙しい4年半だったかな」

ボビー「ぼくはスティーヴィー、ザ・ヴァセリンズ、ティーンエイジ・ファンクラブのジェリー(ジェラルド・ラヴ)のプロジェクトであるライトシップス、マット・コスタ、ロシアン・レッドのレコーディングやツアーを手伝っていたんだ。あ、もちろんスチュワートの映画もね」

──なるほど、ふたりとも休む暇もなくという感じですが、ベルセバとして新作に臨もうとなったタイミングはいつ頃だったんですか。

サラ「2年近く前に行ったヨーロッパとアメリカを回るツアーを終わらせたら、曲作りに入ろうとはみんなで言っていたの。でも、スチュワートの映画作りが一段落するのを待って、その制作終りから公開を待つまでの間にアルバム作りを始めたのよね。曲作りはそれぞれが進めていたんだけれども、みんなが集まった段階で一気に進んでいった感じかな」

bs2 bs3

 

bs5 bs6

1 2 3 4 5次のページ
NeoL/ネオエルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会