体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

“スマホの次”はBluetooth連動の子供向けお散歩シューズ 『au未来研究所』がニューバランスと『FUMM(フーム)』コンセプトモデルを発表

“スマホの次”はBluetooth連動の子供向けお散歩シューズ 『au未来研究所』がニューバランスと『FUMM(フーム)』コンセプトモデルを発表

「“スマホの次”を発明する」をテーマに2014年度の活動を展開してきたKDDIの仮想オープンラボラトリー『au未来研究所』は、プロジェクトの成果物となるコンセプトモデルを3月30日に発表。ニューバランスと共同で開発した、Bluetooth連動の子供向けお散歩シューズ『FUMM(フーム)』をお披露目しました。

FUMM(フーム)

『au未来研究所』は、オンラインブレストの場となるオープンラボラトリーやキュレーションマガジンなどを提供するウェブサイトと並行して、ユーザーが参加するハッカソンを実施してきました。2014年度のキックオフミーティングは以前、記事でご紹介しています。

参考記事:
“スマホの次”への模索始まる 『au未来研究所』が2014年度活動のキックオフミーティング開催
http://getnews.jp/archives/642927

FUMM(フーム)

「衣」「食」「住」をテーマに開催されたハッカソンから、15個のプロトタイプが作成され、コンセプトモデルの制作に至ったのが「いつものお散歩が、冒険に。」をコンセプトにした『FUMM』。

FUMM(フーム)

『au未来研究所』はKDDIと“生活者(ユーザー)”、そして外部パートナーの3者で“共創”を行うのが特徴で、『FUMM』の開発パートナーにはニューバランス ジャパンが参加。子供向け製品の市場で人気があり、デザインが洗練されている同社にKDDIが打診したところ、子供たちが体を動かすことで健康に幸せであることを願う『NB Spark Start』プロジェクトをグローバルで展開しているニューバランスがこれに賛同、協力することになったとのこと。

FUMM(フーム)

KDDIコミュニケーション本部 宣伝部 担当部長の塚本陽一氏が箱から出して『FUMM』がお披露目されました。ニューバランスのライトウェイトトレーニングシューズ『620』のキッズバージョン『KV620』をベースに、4種類のセンサーを搭載したウェアラブルデバイスとなっています。

FUMM(フーム)

中敷きのつま先とかかとに取り付けられた感圧センサーは、重心がかかっていることを検知。着地している、もしくは足が浮いている状態を判定できます。ソールの土踏まず部分にはカラーセンサーを搭載。地面の色を検出することができます。ベロクロ部分には加速度センサーと気圧センサーを搭載し、足の動きや階段の上り下りを検出可能。これらセンサーが検出した情報がBluetooth経由でスマートフォンに送信され、親が持っているスマートフォンアプリ側が音を出すなど反応します。遊び以外にも、Bluetoothの信号の有無により、子供が離れたときに警告する“見守り”用途にも利用可能。

1 2 3次のページ
shnskの記事一覧をみる

記者:

宮原俊介(編集長) 酒と音楽とプロレスを愛する、未来検索ブラジルのコンテンツプロデューサー。ゲームコミュニティ『モゲラ』も担当してます

ウェブサイト: http://mogera.jp/

TwitterID: shnskm

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会