体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

社内失業・社内ニートはなぜ急増したのか

社内失業と呼ばれて

今回はますだ・ふみおさんのブログ『社内失業と呼ばれて』からご寄稿いただきました。

社内失業・社内ニートはなぜ急増したのか
“社内失業”という言葉を聞いて「会社員なのに失業者? 何のこっちゃ?」と疑問に思う方もいると思います。なのでまず、簡単に説明しましょう。

“社内失業”とは会社内にいながらにして仕事を失うこと。つまり“社内失業者”とは、企業に雇用され、出勤していながら職務に従事していないサラリーマンのことをいいます。

「聞いたことないな。少なくとも俺の部下にはそんな奴はいないな。ていうか、ごく一部のダメな社員がサボってるか、干されてるだけの話だろ?」
そう思われた方もいるでしょう。しかし待ってください。それは誤った認識です。

“社内失業”は、“希望・早期退職” “派遣切り” “雇い止め” “内定取消し”など長引く不況の中で語られてきた様々な労働問題に負けない、いやそれどころか最後に登場した非常に重要なキーワードであり、これらの問題とも深い関わりを持っています。

なぜでしょうか。

まず一つ目に、“社内失業”が20代〜30代前半の若手正社員を直撃している点です。彼らは入社後まともな人材教育を受けられずに社内失業者化したため、仕事がない→仕事ができない→仕事がないのスパイラルに陥っています。

仕事ができないため出世もできず、賃金も低いまま。仕事がないので社内外の人脈もつくれずに孤立し、業績もつくれないので転職もままならない。これまで見られたようなお気楽“窓際族”とは全く違う、未来も希望もない、八方塞がり正社員若年層が“社内失業者”なのです。

そして二つ目に、企業が手をつけていない最後の労働問題であるという点です。企業はいままで、“希望退職”で年収が高い中高年をリストラし、“派遣切り” “派遣切り”で非正規労働者を退場させてきました。そして“内定取り消し”及び“採用数の大幅減”によって、今後入社する正社員を制限しています。

それでも、まだまだ足りない。社内には人が余っている。そのあらわれが社内失業なのです。つまりこの問題がさらに深刻化すれば、多くの若者が職を失うことになる。つまり社内失業は、一部の若手正社員がどんどん追い詰められている現状を示しているのです。いままで、正社員といえば極めて安泰な地位であると考えられてきました。実際そうだったのかもしれません。

しかし社内失業が表しているのは、正社員になれても未来がない、将来が見えない若者の存在です。今の会社にいても出世できず、賃金も低空飛行。一念発起し転職しようにもまともな業務履歴がない。あきらめて会社に留まろうとも、待つのは企業の倒産か整理解雇……。そこに見えてくるのは、正社員になった若者がどんどん八方塞がりになっていく現実と言えるでしょう。

そうは言っても、あまり実感がわかないかもしれません。「ごく一部の問題ではないか? 少なくとも自分の部下にはいないな」と思われるでしょう。ですので、ここで面白いデータをご紹介します。近年社内失業者は爆発的な勢いで増えているのです。

・社内失業という現象
2009年度の経済財政白書によると、企業内で余剰人員となっている社内失業者の数は、1~3月期で、なんと607万人にのぼると記されています。「へ〜。そうなんだ〜」と軽い感想をもったあなた。これ、とんでもない数字ということにお気づきでしょうか。

日本の労働人口はおおよそ6000万人。その内自営業者が10数%公務員が7〜8%言われていますので、残りのおおよそ4500万人がサラリーマンです。だとすると、サラリーマンのなんと13%が社内失業に追いやられていることになります。つまり、10人程度の部署ならば1〜2人、1万人規模の会社ならば、なんと1300人前後の社内失業者を抱えているということになります。

しかも、これだけではありません。前年度の2008年度と比較してみましょう。2008年度の1〜3月期では、企業内の余剰人員は推計でなんと38万人しかいません。2009年度の607万人と比べて、たったの一年で569万人の社内失業者が生まれたことになります。実に約16倍に膨れ上がった計算です。

社内失業者がいかに急激に、しかも大量に生まれたかということが、お分かりいただけたでしょうか。社内失業者は決して特別な存在ではありません。あなたの周りにもごくあたりまえに存在する人たちなのです。たったの一年で569万人もの“社内失業者”が生まれ、その数は日本のサラリーマンの13%に及ぶ。この数値は公表されてはいるものの、メディア等で大きく取り上げられたり、表立って問題視されているとは言い難いのが現状です。

1 2 3 4次のページ
寄稿の記事一覧をみる

記者:

ガジェット通信はデジタルガジェット情報・ライフスタイル提案等を提供するウェブ媒体です。シリアスさを排除し、ジョークを交えながら肩の力を抜いて楽しんでいただけるやわらかニュースサイトを目指しています。 こちらのアカウントから記事の寄稿依頼をさせていただいております。

TwitterID: getnews_kiko

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。