ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【最高傑作】悲しすぎて涙が出るほど感動するシューティングゲームランキングトップ5

DATE:
  • ガジェット通信を≫

シューティングゲームマニアに集まってもらい、「悲しすぎて感動するシューティングゲームランキングトップ5」を決めてもらった。選定基準は、物語、映像、ゲーム性、裏設定、あらゆる面から感じられる「悲劇と感動」。

もしかすると、あなたがプレイしたとこがあるゲームがランクインしているかもしれない。ゲームはアーケード(ゲームセンター)のものをメインにとりあげている。

・悲しすぎて感動するシューティングゲームランキングトップ5
1位 レイフォース
このゲームにはいっさい生物が登場しない(植物は除く)。プレイヤーである機体には女性パイロットが乗っているが、実はロボット。最後のボスを倒しても戻ってくることはできず、大破し、ミッションコンプリートで機能を停止する。片道切符の戦い。

2位 ドラゴンスピリット
いけにえにするため魔王によってさらわれた姫を助けるべく、ドラゴンに変身して厳しい大地を進む。物語もさることながら、自然の荒々しさを感じる風景と、死んで消え去る瞬間の物悲しさが素晴らしい。どこか空しく、そして無常な存在であることに気がつく。

3位 斑鳩
シューティングマニアの間では「舞台が無機質なほど名作」といわれているが、特に『斑鳩』はその代表的な作品として知られている傑作。とくにステージ1から伝わる無機質な冷たい空気感は、何も物語を知らなくても涙がこぼれる。

4位 R-TYPEシリーズ
脳と機体を直結させて戦わせている設定。シリーズを重ねるごとに残酷な設定となり、手足を切られた人間が頭と胴体だけ機体に搭載され、敵と戦う。14歳と23歳の女性を直結させ、敵と戦わせる設定もある。

5位 ダライアス2
一作目から映像と音楽が強化され、まるでスペースオペラかのような演出でプレイヤーを感動させる。特にラスタスクロールを多用した演出は、当時のアーケードゲーム界でも異彩を放っていた。さらに、生物的ながら無機質な敵のデザインも、真空に漂う金属の冷たさと涙を誘う。


 
もっと詳しく読む: バズプラスニュース Buzz+ http://buzz-plus.com/article/2015/03/27/shooter/

バズプラスニュース Buzz+の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP