ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

クラフトビールファンは要チェック!今注目の「スプリングバレーブルワリー」が先行予約をスタート

DATE:
  • ガジェット通信を≫

国内大手のビール会社、キリンが運営するレストラン「スプリングバレーブルワリー(SVB)」。

キリンがクラフトビール業界に参入したことでも話題になったダイニング・レストランで、ブルワリーが併設されており、常に新鮮なクラフトビールが楽しめる。

3月25日の横浜店に続く、4月17日の代官山店オープンを前に、キリンビールのオンラインショップ「DRINX」にて「スプリングバレーブルワリー・コアシリーズ」の先行予約が開始となった。

コアシリーズは店舗でしか取り扱いがなく、全6種類。

4月から8月にかけて毎月1種類ずつ販売されるが、今回は、4月、5月、6月に販売される3種をそれぞれ6本ずつのセットで販売(配送は5月上旬、5月下旬、6月下旬を予定)する。

ラインナップは、SVBのフラッグシップビール「496」(4月30日発売)、アロマの上質な香りを楽しめる「COPELAND」(5月21日発売)、ラズベリー果汁を加えた「JAZZBERRY」(6月18日発売)。

この後は7月にフルーティな香りが特徴の「on the cloud」、8月に和食にも合う「Daydream」、9月に柔らかな甘みと質の良い苦みで飲みやすく仕上げた黒ビール「Afterdark」の販売を予定している。

先行予約は1名につき1セット限りで、価格は8618円(送料・消費税込み)。

数量限定なので、試してみたい!という人はお早めに!

DRINX
http://goo.gl/yMSjwm
SPRING VALLEY BREWERY
http://www.springvalleybrewery.jp/

クラフトビール(まとめ)

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
ISUTAの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP