体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

日本古来の健康ドリンク“甘酒”が果実の風味をまとって今の世にお目見え

皆様ご機嫌いかがでしょうか。何度かもぐナビニュースにつたない文を寄せさせていただいております、菅目 直衣(すがめ なおい)と申します。
酒はからっきしですが、甘い物を含めて様々な食文化に興味がある、四国在住の男と覚えてください。
それではくどい挨拶はここまでといたしまして、さっそく装いも新たな新感覚甘酒をご覧くださいませ。

酒が飲めない筆者が本日取り上げるのは、伝統的な飲料の甘酒だ。

しかも、そんじょそこらの甘酒ではない。フルーツ入りの「甘酒ドリンク」だ。徳島県の味噌メーカー、かねこみそから発売中のこちらの商品。甘酒に各種フルーツの果汁を加え、常温保存可能な飲みきりサイズ(110ml)となっている。

「甘酒ドリンク」三種そろい踏み

「甘酒ドリンク」三種そろい踏み

甘酒というとどんなイメージを持っているだろうか? 名前からして甘ったるいお酒の一種? 年寄りの飲み物? 漠然とそんな風に思っている人も多いだろう。

しかし、実をいうと甘酒は、美容と健康にいい成分が豊富に含まれた、ヘルシードリンクなのだ。

さて一口に甘酒と言っても大きく分けて二種類ある。酒粕を水などで溶いて甘味をつけたものと、米を麹で発酵させて甘い液体にしたものだ。酒粕のほうもおいしいものだが、ヘルシードリンクとしてお勧めするのは麹から作るほうである。

では、麹から作られた甘酒のヘルシーポイントを一つ一つ見ていこう。

1.ノンアルコール飲料

newitem-news_19425-008

酒、という字を書くが実はアルコールは含まれていないので、子供や運転をする人でも安心して飲めるのだ。

ただし酒粕から作ったものはごくわずかにアルコールを含む場合があるので、十分気をつけて区別していただきたい。

2.意外と低カロリー、しかもすばやくエネルギーとして消費される

newitem-news_19425-009

その名の通り甘酒は甘い飲み物である。となると気になるのはカロリーであるが、これが意外と低く100gで80kcal程度である。

さらに糖分の多くはブドウ糖で、体内、特に脳の主要なエネルギー源として消費されるため、身体や頭が疲れたときにぴったりの栄養補給飲料といえるだろう。

3.アミノ酸やビタミンが代謝を助ける

newitem-news_19425-010

各種アミノ酸やビタミンB群なども豊富に含まれている。

アミノ酸は美しい肌・髪・爪などをはじめ身体を形作るたんぱく質の基であり、ビタミンB群はそのアミノ酸や糖類を分解・利用する助けとなる。甘酒はこれらが一時に摂れる、総合サプリメントのようなものだ。

4.食物繊維やオリゴ糖が腸内環境を改善

1 2次のページ
もぐナビの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。