ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【衝撃事実】虫歯予防に使われる「フッ素」は安全なのか危険なのか判明!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

軽くおさらいしますと、フッ素(フッ化物)は、昔から虫歯の予防に定評のある成分。フッ素入りの歯みがき粉やガムは日本でも定番ですし、アメリカでは水道水にもふくまれていたりします。

・フッ素の害ってどんな症状なの?
その効果は1990年代から何度も立証されてまして(英文)、フッ素が歯にいいのは間違いないところ。その一方、ネットでは「フッ素には毒性がある!」なんて意見も見られまして、一般的には以下のような害が主張されている模様。

「骨がもろくなる」
「甲状腺の異常による慢性疲労」
「認知機能の低下」
「腎臓や肝機能の低下」

これらの問題は、おもに動物実験のデータから得られたものでして、たとえば、

「大量のフッ化物をあたえられたマウスの骨密度が下がった」(英文)
「マウスに30 mg/Lのフッ化物を投与したら甲状腺の機能が低下した」(英文)
「体内のフッ素量が多い牛は、甲状腺の異常が多かった」(英文)

などなど。これだけ見ると怖くなっちゃいますが、 実際のところは心配するようなレベルではないと思います。というのも、いずれの実験もメチャクチャ大量のフッ素を使ってまして、虫歯の予防に使うフッ素の量とは比較にならないんですよね。

・相当な量のフッ素を飲まないと害は出ない
具体的な数字で申しますと、1996年の調査(5)によれば、およそ1日10mg以上のフッ素を飲むと甲状腺に害が出てくるとのこと。小学校で使われるフッ化物量は1.6mgらしいので、1日に洗口液を6回も誤飲してようやく悪影響が出てくるレベルです。

・害は大量のフッ素を飲んだ人だけ
2001年に中国で行われた調査(6)でも、骨折の確率が上がったのは、日常的に大量のフッ素(4−7.97 mg/L)を飲んでいた人だけだったとか。こちらも、やはり虫歯予防の洗口液とは比べものにならないレベル。

・フッ素はお茶やビールにも含まれる
また、認知や肝機能の問題についても、2006年に全米研究評議会が徹底したレビュー(7)を行ってまして、「あまりに大量のフッ素を飲めば悪影響はあるが、通常の使用では何の心配もない」との結論が出ております。そもそも、フッ素はお茶やビールなんかにも含まれるありふれた物質でして、基本的には毒性が低い成分なんですね。

・ハーバードの論文はご心配なく
ちなみに、ネットで検索をかけると「フッ素が子どものIQを下げることが明らかに」なんてハーバードの論文が出てきますが、こちらもご心配なく。このハーバード研究はインドや中国で行わたもので、これらの地域はもともと飲料水のフッ素量が異常に多いんですよ。 なので、これまた虫歯予防に使うレベルのフッ素とは関係のない話です。

・まとめ
そんなわけで、特にフッ素を怖がる必要はないかなーという感じ。もちろん無理じいはしませんが、普通に使うぶんには虫歯予防のメリットのほうが大きいように思います。ご参考になれば幸いです。

執筆: Yu Suzuki http://yuchrszk.blogspot.jp
もっと詳しく読む: バズプラスニュース Buzz+ http://buzz-plus.com/article/2015/03/26/fluorine/

バズプラスニュース Buzz+の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP