ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

VAIO Phoneは台湾Quantaが製造

DATE:
  • ガジェット通信を≫

日本通信と VAIO 社がタッグを組んで開発したとされる「VAIO Phone」ですが、端末自体は台湾の PC 製造メーカー 広達電脳(Quanta Computer)製であることが判明しました。Google Play ストアの WEB サイト版でアプリをインストールしとうとしたところ、端末リストに「Quanta JCI VA-10J」と表示されており、Quanta 製であることが判明しました。通常、自社生産あるいは他社生産(OEM / ODM どちらも)のスマートフォンに製造元の企業名は表示されないので(例外もあります)、おそらく、VAIO Phone は Quanta が設計から製造までを手掛けた ODM 品、つまり、Nexus のように日本通信・VAIO が Quanta の製造した機種を VAIO Phone に選定したと考えられます。この点は ELUGA U2 と仕様が酷似していることから、発表直後から ODM 品の可能性が高いと予想されていましたが、実際のところは Quanta 製だった模様です(それが良い・悪いは別の話です)。


(juggly.cn)記事関連リンク
Sony Mobile、Xperia E4gをロシアで3月末に発売、価格は約26,000円
HTC One M9+のスパイショット写真が公開、MediaTek MT6795Tプロセッサを搭載
Micromax、CyanogenOSスマートフォン“Project Caesar”に64bitプロセッサ、2GB RAM、16GB ROMを搭載

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP