ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

エルヴィス・コステロ、家族秘話やクリエイティブ面に及ぶ自叙伝出版へ

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 イギリス人シンガーソングライターのエルヴィス・コステロが、今年後半に自身の回顧録『Unfaithful Music & Disappearing Ink』を出版することが、出版社のペンギン・ブックスの発表により明らかになった。

 同社による広告文によると、352ページに及ぶこの本は10月15日に出版され、“家族やミュージシャン仲間に関する秘話から、彼の有名曲のクリエイティブな部分における内省的な話まで”が綴られるという。

 最近還暦を迎えたコステロについてペンギン・ブックスでは、1977年にデビュー・アルバム『マイ・エイム・イズ・トゥルー』でそのキャリアをスタートさせ、今やミュージシャン/ロッカーの重臣のひとりとしている。また、彼は世界規模でファン層を築くと共に、ザ・スペシャルズの素晴らしいデビュー・アルバム『Specials』のプロデュースをはじめ、ポール・マッカートニーやクエストラヴ他とのコラボ、そしてダイアナ・クラールとの結婚などを経験している。その他内容については同書の発売を待とう。

関連記事リンク(外部サイト)

母となってさらに輝きを増したケリー・クラークソン、全米首位の最新アルバム『ピース・バイ・ピース』の国内盤がリリース
ロバート・グラスパーが西本智実とフルオーケストラの舞台で初共演
ミューズ、6月発売の新作ALより1stシングル「デッド・インサイド」リリックビデオを公開 作品コンセプトもより明らかに

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP