体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

クラムボン、イオンモールに驚異の5,000人集客

クラムボン、イオンモールに驚異の5,000人集客

3月25日(水)に約5年振りとなるニュー・アルバム『triology』を発売するクラムボンが全国でおこなってきた〈イオンモールツアー〉が先週末の越谷「イオンレイクタウンmori 木の広場」で最終日を迎え、全5箇所のツアーを締めくくった。

今回の〈イオンモールツアー〉は、伊藤大助(Dr)がエレクトリック・ドラムを使うというミニ・ライヴ編成でおこなわれ、どの会場でも50分間にわたるセットでイオンモールならではのさまざまな観客を前に新曲「yet」をはじめとした代表曲の数々をトークを交えながらたっぷりと披露。さらにライヴ終了後のサイン会では、長蛇の列が生まれ、購入者に3人が一人ずつ丁寧にサインをおこなった。

全会場に集まった観客は約5,000人。サインした人数は5会場で約2,000人、延べ10時間以上に及ぶサインをおこなった。イオンでのライヴという意外な今回のイベントについてミトは、20年というバンドキャリアを重ねてくると、ファンにも子育て世代が増え、中々ライヴ・ハウスに行くのも簡単ではなくなり、そうした世代やその子供にもライヴの楽しさを気軽に経験してもらいたいし、クラムボンのことをまったく知らない人にも聞いてもらう機会を作りたいという願いから今回のイオンモールツアーを思いついたという。その想いが集まった大勢のファンに届いたことは間違いない。

クラムボンはアルバム『triology』リリース後、ワンマン・ツアーを実施。ファイナル公演となる2015年11月6日(金)には、初の日本武道館公演が控えている。

・クラムボン オフィシャル・サイト
http://www.clammbon.com
・クラムボン20th Anniversary 特設サイト
http://columbia.jp/clammbon20th/
・クラムボンの作品はOTOTOYにてハイレゾ配信中
http://ototoy.jp/_/default/a/501

クラムボン / triology
2015年3月25日(水)
〈収録曲〉
01. Lightly!
02. アジテーター
03. the 大丈夫
04. Rough & Laugh
05. agua 06 noir
07. Scene 3
08. はなさくいろは —bon bori ver.—
09. バタフライ
10. yet —triology ver.—
11. Re-ある鼓動
12. Lightly…
※詳細はオフィシャル・ウェブサイトまで

〈clammbon 20th Anniversary 『tour triology』〉
2015年6月11日(木)宮城・仙台Rensa
2015年6月12日(金)新潟・新潟LOTS
2015年6月19日(金)愛知・名古屋市公会堂
2015年6月21日(日)石川・金沢EIGHT HALL
2015年6月26日(金)大阪・オリックス劇場
2015年7月02日(木)福岡・福岡市民会館
2015年7月04日(土)香川・高松オリーブホール
2015年7月11日(土)北海道・札幌PENNY LANE 24
2015年8月1日(土)広島・広島CLUB QUATTRO
2015年11月6日(金)東京・日本武道館

photo by harumichi saito

クラムボン、イオンモールに驚異の5,000人集客 クラムボン、イオンモールに驚異の5,000人集客
エンタメ
OTOTOYの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。