体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

日本のサブカルチャーはもはやサブではない!『AnimeJapan 2015』

2015.3.22-576

東京ビッグサイトで開催されたAnimeJapan 2015に取材に出向いた。

著者はアニメに関しての知識はほとんどないが、サブカルチャーであるアニメが日本を代表する文化の発信源となり、文化だけではなく経済をも動かす原動力となっている現状を知識のない素人目線から考察したい。

dpk_キービジュアル_納品R

まずはテレビアニメから。昔から続く人気アニメもあれば、次から次へと登場する新作アニメもある。

4月4日(土)夕方5時30分から読売テレビ・日本テレビ系列で放送予定の「電波教師」放送直前イベントを取材した。OPテーマを担当する主題歌を歌うアーティストの「TrySail」が登場し、主題歌のミニライブをおこなった。アイドルのコンサートかと思うほどの熱気で、アニメファンに愛されていることがわかる。続いて主人公の妹役の声を担当するSKE48・乃木坂46の松井玲奈が登場。自分で自分のアニメを見た松井玲奈は恥ずかしいと顔を赤らめていたのが印象的だった。松井いわく、「スカッとするアニメ」ということなので、こうご期待だ。出演者は松井玲奈(鑑 純音役)、TrySail(麻倉もも、雨宮天、夏川椎菜)、小新井涼(MC)。

2015.3.22-252

アニメそのものの人気はもちろんだが、声優がアニメとは別分野で人気を確立していることがわかる。見る人、関わる人によってそれぞれの楽しみ方があるのがアニメの奥深さなのだろう。

IMG_0884_R

会場のブースは人だらけでゆっくり話を聞ける状態ではなかったが、その中で面白いブースを見つけた。SUGOI JAPANというそれこそすごい名称のブースだが、直近10年間で発売された漫画、アニメ等の分野でネット上で国民投票をして世界中に発信しようという企画のようだ。実際に7万票あまりの投票があり、今回が第1回目の試みなんだそうだ。こうして発掘された作品が文化として発信されるのはまさにすごいこととしか言いようがない。説明してくれた担当者自身も元々アニメに興味も関心もなかったのだそうだが、友達の輪で影響を受けてこの世界に飛び込んだ経験から、知らない人には友達の輪で広がってほしいと願っていた。

20150322135946_IMG_5803

続いて、アニメといえばキャラクターグッズをはじめとする物販も多くのファンが訪れる目的でもある。残念ながら限定商品そのものは開始30分で売り切れるらしく、お目にかかることはできなかったが、物販目的で来場したファンに話を聞くことができた。
チョッパーさんは大阪から来場した女性アニメファンだ。大阪から夜行バスで東京まで来て2日間の会期を連続で入場し、また夜行バスで大阪に戻るそうだ。彼女は買い物に10万円くらい使うそうで、本人の感覚では多い方だという。限定グッズを手に入れるためにはファストチケットという3500円の優先入場権を購入しなければ売り切れてしまうのだそうだ。ただし、この優先入場権には本来の前売り入場券1600円は付いておらず、別途購入しなければならないので結構な出費だろう。そんなイベントのたびに東京に来ていたのでは交通費も入場料も相当な負担なのではないのかと尋ねてみたところ、友人にはそのためだけに東京に転居してしまった人もいるというから驚きだ。彼女は買い物で歩き疲れて休んでいるところだったが、あと少し買い物をして荷物は大阪に送り夜行バスで帰るそうだ。

1 2 3 4次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会