ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

バリー・マニロウがニューヨークの学区にピアノを寄付

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 バリー・マニロウ(71)が、ニューヨーク州ロングアイランドのユニオンデール学区にピアノを寄付したことが明らかになった。ニュースデイ紙が伝えている。

 また、同シンガーはユニオンデールのナッソー・コロシアムで行った3月20日の公演にて、新品もしくは大事に使われた楽器を寄付した人にコンサートチケットを2枚ずつ渡していたという。

 ユニオンデール監督職員のウィリアム・ロイドは、マニロウからの贈り物はさらなる寄付を促し、また、生徒たちが成功するための個性づくりの助けになることでしょうと話している。

 今回の寄付は同シンガーによるマニロウ・ミュージック・プロジェクトの一環だ。“音楽は子どもたちの教育に必要不可欠なもの”だと話すマニロウは、音楽教育プログラムが不十分な公立学校を支援する目的で同プロジェクトを始めたとしている。

関連記事リンク(外部サイト)

ボブ・マーリー絶頂期の貴重な未発表ライヴCD&DVD作品が登場 生誕70周年記念リリース
エリック・クラプトン 3枚組の新作ベスト『フォーエヴァー・マン』のリリース決定
“テイラー・スウィフト税”なるものが米ロードアイランド州に!?

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP