体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

六本木ステーキ戦争の大本命『ザ・ステーキ』に行ってみた

2015-03-22 21.21.54

六本木にはステーキ屋が多い。
有名どころだとアメリカ系のワイルドなステーキを味わえる『アウトバックステーキハウス』、熟成肉ブームを生み出した『ウルフギャングステーキハウス』、立ち食いステーキで今最も勢いのある『いきなりステーキ』など、外国人が多い土地柄だからなのかも知れないが、交差点のあちこちにステーキの看板が見える。

そんなステーキ激戦区六本木に、3月20日新たなステーキ屋がオープンした。
ダイヤモンドダイニングが仕掛ける食事メインの新業態『ザ・ステーキ六本木』だ。
ダイヤモンドダイニングといえば、100業態100店舗を掲げ実際に達成している大手飲食店グループ。今回の『ザ・ステーキ六本木』はシンプルにステーキだけを食わせるというコンセプトからして、『いきなりステーキ』を意識しているのは間違い無いだろう。
さっそく行ってみたのでレポートする。

六本木交差点から銀だこの一つ先路地右折

六本木に慣れた人なら『アワバー』の隣だと言えばわかりやすいかもしれない。六本木の交差点からミッドタウン方向へ進んで2つ目の路地を右に入って50メートル進んだ辺りである。

2015-03-22 21.17.01 2015-03-22 21.17.07

店内は手前側左右にカウンター、奥にテーブル席、最奧に仕切られた団体席がある。
奥の個室風団体席は、おそらく人目に触れたくない人向けだろうか?
六本木という土地を考えると、1人でも団体でも入りやすい良くできた造りだ。

2015-03-22 21.19.00 2015-03-22 21.19.11

友人4人と来店したため、奥の4人掛けテーブル席へ座る。
そう、座れるのだ。来店前は立ち食いの『いきなりステーキ』をイメージしていたので座れるとは思っていなかった。こちらのお店は全席着席スタイル。
メニューはシンプルに2種類のみ。しかも、1ポンドステーキとハーフポンドステーキの2種類だけという肉の種類も選べないシンプルさ。料金はライス付きでご飯の大盛りも無料。

2015-03-22 21.18.44

ハーフポンドステーキを選んでオーダー。特に指定しないと焼き方はミディアムレアで提供されるとの事だったので、焼き方は特に指定せず。
待つこと5分ほどだろうか、驚くべきスピードでライスと鉄板に乗ったステーキが運ばれてきた。見ると肉の厚みがあまり厚く無さそうでしかもミディアムレアなので、おそらく提供スピードを上げてオペレーションコストを下げるための施作なんだろう。

2015-03-22 21.21.53
1 2次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。