ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

10秒で終了する「日本一短いES」 三幸製菓「エントリー時に志望動機を聞くのはナンセンス」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

新潟県に本社を置く菓子メーカー、三幸製菓が2016年卒の採用で「日本一短いES(エントリーシート)」を打ち出し、話題を呼んでいる。

近年の就職活動シーンでは当たり前の存在になったESだが、志望動機や自己PRの他に企業ごとに様々な設問が用意されていることも珍しくない。一方、同社が3月5日に公開したESは実にシンプルだ。
「あなたの連絡先を心を込めて入力してください」

ウェブ上で記入するスタイルで、ESに入る前に「おせんべいは好き?」「ニイガタで働ける?」と質問され、これに「Yes」か「No」で回答する。どちらにも「Yes」と回答すると、

「あなたの連絡先(メールアドレス)を心を込めて入力して下さい」

と表示されるので、そこに書き込むと終了だ。志望動機や自己PRもナシである。

ちなみに最初の質問でどちらかに「No」と回答すると、ESには進めず「ぜひもう一度、御自身の仕事観に照らしあわせて考えてみてください」と表示される。同社の事業の中心はおせんべいであり、入社後は約半数が新潟での勤務になるので、同社には向いてないということのようだ。

この「日本一短いES」を提出すると、入力したメールアドレスに案内が送られてくる。それによると、今後送られてくる「35の質問」に回答し、結果に応じて選考方法が決まっていくという。

ただ、いくらなんでもESがメアドだけというのは短すぎではないのか。三幸製菓人事部の担当者は、こうした疑問に対して趣旨を説明する。

「必要な情報を必要なタイミングで貰えればいいのであって、最初の段階で膨大な情報をESで出してもらう必要はありません。そこで、何が最初に必要か考えたところ連絡先だけで十分、という結論に至りました」

担当者は苦言「最近のESは作成に凄く時間がかかる」

三幸製菓では「志望動機」そのものに対しても疑問を持っており、「そもそも『この会社に入社したい』という気持ちは徐々に形成されるものです」という。志望動機さえ強ければ、入社が許されるというものでもない。

名前や大学、学部については選考過程の中で聞いていくというが、この試みには「既存のESのアンチテーゼ」という意味合いもあるという。

「最近のESは、作成に凄く時間がかかる。質問が多くて、完成させるのに何日もかかるというケースもあります。完璧なESを提出すれば、すぐに最終面接に行ける、というのならともかく、実質足切りとしてしか使われていないのに、そこまで学生に負担かけていいのか。そもそもESは必要なのか、という話です」

「日本一短いES」はネット上でも話題になっており、「三幸製菓のESは10秒で終わるとかマジだったww」「大企業は三幸製菓のESを見習うべき」という声も。同社によると、公開から10日ほどですでに数百件の応募が寄せられているということだ。

あわせてよみたい:「大学指定の履歴書使え」と就職課

 

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
キャリコネの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP