体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

The SALOVERS『青春の象徴 恋のすべて』インタビュー(後編)

thesalovers_01

3月25日をもって無期限活動休止するThe SALOVERSのラストアルバム『青春の象徴 恋のすべて』。これがもう、本当に素晴らしい。とても切ないけれど、どこか晴れ晴れしくもあり、とにかく生きて、生きて、生きまくっているロックソングが鳴っている。これが、The SALOVERSだ。最後の最後にそう断言できるアルバムを4人は作り出してみせた。活動休止に至った経緯や本作に最大限の情熱を注げた理由、そして、これからのこと。フロントマンの古舘佑太郎が剥き出しの言葉ですべてを語ってくれた。

 

 

(前編より続き)

——ホントにこのアルバムがSALOVERSなんですよね。だからすごく切ない。堂々巡りなるけど、バンドが終わるからこういうアルバムを作れたのも間違いないわけで。

古舘「そうですね。俺、ずっと音楽をやってる理由がわからなくなっちゃってたんですよ。ライブもこなしてる感じがあったし。だけど、このアルバムが完成したときに思い出したんですよね。『ああ、俺は音楽をこういうふうに作ってたんだ』って。自分が自分の曲に救われる感覚を思い出したんです。10代のころに失恋したりして、そこで沸き上がった思いを自分で正当化したいから曲を書いて、歌って。自分の言葉で、自分の歌で、自分が癒されてたんですよ。寂しい夜に情けなくなって、月を見てる自分がいたり、そういう自分を自分の歌が全部肯定してくれてたんです。だから、最初はその歌がたくさんの人に響くとか関係なくて。リスナーは自分だけだったし。初期の“SAD GIRL”とかそういうものだったんです。でも、僕はその感覚をこのアルバムを作るまで忘れてた。救われるものではなくて、むしろどんどん傷ついていってしまった。いや、傷ついてるんじゃないな——『俺は何をやってるんだろう?』っていう虚無感ですね。そんな自分をこのアルバムが吹き飛ばしてくれたんです」

——1曲目の「Disaster of Youth」なんてこのアルバムを作る理由のすべてって感じですよね。

古舘「この曲は、さっきの話に出た大阪から車で帰るときに書いたんです」

——〈友情の全てを代償にしてまで目指す 夢に疲れただけさ〉、〈少年は大志を抱きすぎて死んだ そして生まれ変わるのさ〉ってすごいフレーズだなって思うんだけど、これは本音も本音で。

古舘「そうですね。今までずっと過去のことを歌ったり、中途半端にフィクションを歌ったりしてきたけど」

——感覚を引き伸ばしたり。

古舘「うん。でも、これは本音だし、事実だし。今回はただただSALOVERSのことを歌いたかったんです。2014年11月から2015年3月までのSALOVERSを歌いたかった。しかも、なるべくあっけらかんと」

thesalovers_06

——そうですね。だから、とても切ないけど悲観的ではないというか。

古舘「ただただ悲しいだけじゃなくて。“ニーチェに聞く”っていう4人で歌ってる曲は、やっと自分たちはこういう曲を鳴らして、歌えるようになったんだなって正直思ってるんですよ。実際問題、お先真っ暗な4人が、〈人生万歳! 僕らの未来は真っ暗闇のすばらしい世界だ〉ってあっけらかんと歌うのは、悲しそうに歌うよりもグッとくるなと思って」

——そういう感覚になれた古舘くんの音楽に向かう気持ちはこれからどうしていくつもりですか?

古舘「これからも音楽はやるとは思ってるんですけど——でも、僕はこの3年間、毎年『アルバムを出します』って言い続けてきた男なので(苦笑)。自分の心のなかでは今年中にはバンドサウンドでソロアルバムを作りたいという気持ちはあるけど、それを今ここで言ってもまた3年かかるような気もするし」

——じゃあ断言しないほうがいいと思う?

古舘「そう。言わないほうがいいかなって」

——でもね、古舘くんのようなリリシストはホントに希有だから。このアルバムを聴いてあらためてそう思いました。

1 2 3次のページ
NeoL/ネオエルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会