ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

年度末は「未払い残業代請求」の季節! 辞めると決めたら「弁護士に相談すべき」理由

DATE:
  • ガジェット通信を≫

卒業や進学など、年度末は別れの季節だ。ビジネスパーソンなら異動や転勤のほか、転職する人もいるだろう。これまでお世話になった会社にいい思い出を持つ人は幸運だが、そうでない人もいる。そんな人たちが、この時期に動き出しているというのだ。

アディーレ法律事務所の岩沙好幸弁護士によると、年度末をもって退職予定の人たちが、在籍していた会社に「未払い残業代」を請求することを決意し、弁護士に相談を持ちかけるケースが増えているのだという。
「働く人の弁護士活用法」を3月26日のニコ生で解説

会社からサービス残業を強要されてきた従業員が、会社に反旗を翻して未払い残業代の請求を決意するタイミングは、岩沙弁護士によれば「会社を辞めようと決めたとき」や「退職日が近づいたとき」が多いという。

会社にいくら不満を抱えていても、在籍中は当面の雇用を優先して言い出せない人は多い。上司に疑問を投げかけて、「嫌なら辞めろ」と言い返されて引き下がっていた人も、辞めると決まれば弁護士に相談する勇気も出る。

「本来であれば、在籍中に弁護士に相談してもらって、会社の労働環境を根本的に改善するのが理想的なのでしょうけど、まだ日本ではそこまでいっていないですね。それでも退職時の請求は、大きな一歩ではあると思います」

しかし一般の人は「弁護士に相談するということは、会社と裁判するってこと?」と尻ごみする人も多い。ところが未払い残業代の請求相談のうち、アディーレ法律事務所では、裁判や労働審判に行く前に解決するケースは7割以上を占めており、さらに、その後の転職に不利にならない交渉のしかたもある。

キャリコネニュースでは3月26日(木)午後8時から、「弁護士に聞く『ブラック企業に泣き寝入りしない!残業代の取り返し方』」という生放送を実施。「趣味はフクロウの飼育」という謎のプライベートを持つ岩沙弁護士と、「少年チャンピオン」の愛読者で語り出すと止まらない園田由佳弁護士に、働く人の弁護士活用法について聞く。

スマートフォンから視聴したい場合は、niconicoアプリをダウンロードの上、こちらからご覧ください。

あわせてよみたい:部下が土日に「イラストレータ」 どうやったら止めさせられるか
 

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
キャリコネの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP