ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

テーブルに桜咲く。自宅で楽しむ「お花見レシピ」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

桜の形や色、香り、味などで季節感あふれるメニューに仕上げる

今年も桜の季節がやってきました。あっという間に散ってしまう、はかない花ですが、九州から北海道まで開花期間は1か月くらいあるので、この時期は桜をイメージさせるメニューで「お花見気分」を楽しみましょう。

最近では、ネットなどを利用すれば「桜風味のペースト」「桜の塩漬け」「桜の花のミンチ」「桜の花びら形のチョコ」「ピンク色の桜あん」「桜の花のパウダー」「桜のリキュール」「桜のエッセンス」「桜の葉の塩漬け」など、さまざまな素材を購入できます。

桜の形や色、香り、味などを料理やデザートに盛り込んで、季節感を出していきましょう。また、ネーミングにも忘れずに春を取り入れてください。

コンセプトは「和カフェでのお花見」。「桜の香りの手打ちそば」

今回は「素敵なお庭が見える和カフェでのお花見」をコンセプトにした、2つのレシピを紹介します。まずは、おそばから。

「桜の香りの手打ちそば」

【材料(2~3人分)】
・そば粉 180g
・強力粉 70g
・水 100ml
・桜のペースト 大さじ1
・打ち粉(そば粉) 50g

【作り方】
(1)そば粉と強力粉を合わせてふるう。
(2)水の半量、桜のペースト、食紅(極少量)を加え、箸でよく混ぜながら水と粉をなじませる。
(3)残りの水の半量を加え、さらに箸で混ぜ合わせる。
(4)様子を見ながら水を加える。水分が全体になじんだら生地をまとめる。
(5)体重をかけ、内側に折り込むようにしてよくこねる。
(6)中の空気を抜くような感じで、生地を中心に練り込む。
(7)打ち粉を軽くふった「こね板」に出し、めん棒で生地をトントンと押して広げる。さらにめん棒を使って丸く伸ばす。
(8)生地に打ち粉をふり、めん棒に巻きつけながら、手前から向こう側に両手で転がす。端までいったら、生地の両端とめん棒を持ち、「こね板」の上をこするようにして手前まで引き戻す。これを5~6回繰り返す。
(9)180度回転させ、手前からめん棒に巻きつけて5~6回転がす。次に90度回転させて同様にし、さらに180度向きをかえて転がす(四角い形の生地にする)。
(10)打ち粉をたっぷりとふり、生地を広げてめん棒でさらに薄く伸ばし、約2mmの厚さにする。
(11)打ち粉をふったまな板に生地を移し、2mm程度の幅に切る。約10cm切るごとにそばを包丁ですくって切り口を開き、全体が打ち粉にふれるようにする。束ねて持ち、余分な打ち粉を払って並べる。
(12)そばをたっぷりの熱湯に入れ、再沸騰してから約30秒~1分ゆでる。冷水にとり、そばが切れないように静かに洗う。最後に氷水に通して引き締め、ザルにとる。

桜がほんのり香る「さくら白玉のお花見あんみつ」

「さくら白玉のお花見あんみつ」

【材料(4人分)】
・市販のあんみつ 4個
・白玉粉 100g
・水 約90ml
・桜のペースト 小さじ1
・食紅(お好みで) 極少量
・さくら餅 4個
・お好みのフルーツ 適量
・桜の塩漬け(飾り) 4つ

【作り方】
(1)ボールに白玉粉、桜ペーストを入れ、水(お好みで食紅を少量溶かす)を少しずつ入れて混ぜ合わせる。
(2)粉と水がなじんできたら、しっかりと力を入れてこね合わせる(耳たぶくらいの固さ)。
(3)生地を同じくらいの大きさにちぎって、両手で2cmくらいの丸い形にする。最後に中央を指で押さえてくぼみをつくる(ゆであがりが均一になるように)。
(4)鍋に湯を沸かし、沸騰したところに団子を入れる。くっつかないようにヘラなどでそっと混ぜ、浮いてくるのを待つ。2~3分くらいでお団子が浮いてくるので、浮いてきたら1分ほどゆでて冷水にとる。
(5)器にあんみつ、さくら餅、白玉団子、フルーツを盛り付けて黒蜜を添える。そして、あんこの上に桜の塩漬けを飾る。

どちらのレシピでも、桜風味ペースト(Wサクラ・プラス)という商品を使用しました。桜の花の塩漬けは飾りには良いですが、料理にはペーストの方が扱いやすく、香りも味もほのかに残るのでオススメです。

(売間 良子/料理研究家)

関連記事リンク(外部サイト)

花見で飲みたい「桜」モチーフの国酒
ボージョレ、おいしく飲むコツは小ぶりなグラス
W杯観戦のおともに 簡単ブラジル料理

カテゴリー : 政治・経済・社会 タグ :
JIJICOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP