ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

嫌韓流シリーズの最新作 『マンガ 大嫌韓流』3月19日発売

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫

大嫌韓流

3月19日、『嫌韓流』シリーズの最新作・山野車輪先生の『マンガ 大嫌韓流』が発売された。

【晋遊舎】マンガ 大嫌韓流 【衝撃のベストセラーが復活!!】100万部突破した「嫌韓流シリーズ」最新作!
http://www.shinyusha.co.jp/~top/02mook/daikenkanryu.htm[リンク]

シリーズ最初の作品である『マンガ嫌韓流』が発売されたのが2005年の7月26日。同年7月29日に、某サイトで書いた記事を再掲してみる。

7月26日に出版された『マンガ嫌韓流』。
これまでマスコミではタブーとされていた韓国への批判、特にネット上で巻き起こっている『嫌韓』というムーブメントをマンガで描いたもの。
内容は、日韓W杯での韓国びいきの不可解なジャッジについてや、戦後保障問題、韓国のパクリ文化など。また”反日マスコミの脅威”ということでTBS石原発言捏造問題にも触れている。
著者である山野車輪先生のサイトによれば、新聞は主要紙すべてに広告を断られ、また文春からインタビューは受けたのだが掲載は見合わせるとの連絡を受けたという。今のところ、マスコミでこの本を記事にしたのは我らが東スポだけのようである。
しかし、発売されるや、マスコミで宣伝は皆無と言っていい状態で初版3万5千部はほぼ即日完売、アマゾンでは書籍ランキング一位を記録し品切れの状態である。
増刷が決まったが、それまで待てないということかネットでは定価以上のプレミアがついているところもある。
(※一部加筆訂正アリ)

……と、主要紙で広告掲載を断られるなど10年前はマスコミにおいて嫌韓・反韓はタブーだったのである。ここ2、3年で書店に反韓国・反中国の本がズラっと並ぶようになった現状からすれば隔世の感もある。

今回の『マンガ 大嫌韓流』、

◆「嫌韓ムーブメント」の礎を築いた衝撃のベストセラーが復活!!◆日本人の我慢が遂に限界を超えた!!◆反日プロパガンダで日本を貶める韓国に反撃開始!!◆反日国家・韓国を徹底的に叩き潰す!

といった内容紹介の文章となっている。少々煽り過ぎのような気がしないでもないが、興味のある方はお読みになってみてはいかがだろう。

※画像は晋遊舎のサイトより引用

Takaの記事一覧をみる ▶

記者:

元インターネット雑誌編集者。 2002年よりネットウォッチ系やサブカル系の記事を情報サイトで書いております。 2013年5月よりガジェット通信にて記事を書いております、よろしくです。 e-mail:getnewstaka@gmail.com

ウェブサイト: http://getnews.jp/archives/author/taka

TwitterID: getnews_Taka

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。